NATO加盟国がウクライナへ大量に供与しているM777榴弾砲、その使い方が見えてきました。空を飛んで運ぶことよりも、陸上輸送時の使い勝手の抜群さが「目玉」だとか。持ち前の「軽さ」が戦い方を変えています。

軽さこそ強さ! M777榴弾砲の使い方

ロシアによるウクライナ侵攻が長期化するなか、アメリカを始めとしたNATO北大西洋条約機構)加盟国から供与された口径155mmクラス自走砲や牽引砲がウクライナ軍で次々に実戦投入されています。

ウクライナ側に引き渡された口径155mmクラス自走砲や牽引砲のなかで最も数が多いのが、軽量155mm榴弾砲M777です。この火砲はアメリカオーストラリアカナダの3国が供与していますが、その数は合計100門以上といわれています。

そもそもM777は、イギリスが開発した牽引式155mm榴弾砲で、特徴は極めて軽量な点です。アメリカ軍には従来、M198と呼ばれる牽引式155mm榴弾砲もあったものの、この砲の重量が約7tなのに対して、M777は60%ほどの約4tしかありません。

しかも、操作するための砲員もM198が11名なのに対して、M777は5名ですみます。これもまた軽量であるがゆえのひとつの長所です。

「砲そのものが軽い」。これは、どのような火砲にとっても長所です。自走砲のように車載式の場合であれば車両の重量軽減になりますし、牽引砲の場合は、移動だけでなく射撃陣地への展開と撤収に際して、少人数で実施可能、または同じ人数なら短時間で行えます。

この展開と撤収が迅速に行えるというのは、今日では大きなメリットです。現代戦では、敵砲の射撃位置を知るための対砲レーダーや戦場監視機、ドローン無人機)などの高性能化により、砲撃を行ったらすぐさま陣地を変えなければ反撃を食らって、撃った側はほぼ確実に痛い目に会うからです。そのため、砲撃直後の迅速な移動は、自らの安全確保のために必須となっています。

だからこそ、自走して最適な位置に布陣し、砲撃したらすぐに撤収できる自走砲は有利であり、牽引砲も軽ければ軽いほど動かしやすくなるため、やはり大きなメリットを有することになるのです。

空から神出鬼没に展開 陸からも?

アメリカ軍M777を導入したのには、もうひとつの理由がありました。以前のM198は前出したように重量が約7tもあるため、CH47「チヌーク」輸送ヘリコプターまたはCH-53E「スーパースタリオン」などの大型輸送ヘリコプターでなければ運ぶことができませんでしたが、軽量のM777ならばそれよりもずっと小さなUH-60ブラックホーク」多用途ヘリコプターでも輸送可能です。

より小型で小回りが利き、なおかつ運用する機数や部隊も多い多用途ヘリコプターで運べるとなると、運用上の柔軟性が増し、加えて自走砲と比べて牽引砲の弱点ともいえる移動・展開・撤収が、空中機動によって短時間化・簡便化を図ることができるようになります。

このメリットは、ゲリラや民兵が相手となる、いわゆる「非対称戦」と呼ばれる戦いにおいて、神出鬼没な敵を捕捉・攻撃するうえで自走砲よりも大きなメリットになるといえるでしょう。

しかし、ウクライナ軍はアメリカ軍のようにヘリコプターを潤沢に持っているわけではないので消耗品の砲弾の補給が困難です。しかも、ヘリコプターが安全に飛べるための制空権も獲得していないので、空中機動そのものが危険です。しかもロシア軍ゲリラや民兵とは違って、戦闘機を筆頭に各種対空ミサイルなど強力な対ヘリコプター(対空)兵器を多数装備しています。

なので、このような特徴を備えたM777ウクライナ軍に大量供与された理由は別のところにあると筆者(白石 光:戦史研究家)は考えます。

従来、口径155mmクラスの牽引砲は重かったことから専用の装軌式牽引車、もしくは出力の大きな大型トラックセットで必要とされていました。これらでないと牽引・運用できなかったのですが、M777は前出のとおり軽いので、それらより小さな車両でも牽引できるのです。

誰でも使える 誰でも引っ張れる!?

ヘリコプター同様に、重量砲の牽引に適した専用の軍用車両を潤沢に保有しているとはいえないウクライナ軍にとって、数少ない重車両の代わりに西側から容易に輸入できる4輪駆動の民間オフロード・カーでの牽引が可能であり、しかもそのような民間車を牽引車だけでなく弾薬運搬車にまで使うことができれば、そのメリットは計り知れません。

さらにもうひとつが、砲の操作に加えて車体の運用や整備の技術も学ばなければ実戦では使えない自走砲に比べて、M777は牽引式なので砲の操作のみ習得すれば運用できる点です。つまり、これまでウクライナ軍が装備してきた旧ソ連式の152mm榴弾砲の操砲技術を持つ砲兵なら、比較的容易にM777へと装備改変ができるということです。

このような理由から、ウクライナ軍は得意の鹵獲戦車も含めた機甲兵力に随伴する155mm榴弾砲としては自走砲PzH2000M109を使用し、その後方で軽快な機動を行える火砲として、M777を使用していると考えられます。そしてその成果の一端が、ロシア軍の大隊戦術群(BTG)をいくつも渡河地点で粉砕するといった戦果に表れているのかもしれません。

ウクライナ軍のM777榴弾砲(画像:ウクライナ軍参謀本部)、