昨今、新型コロナウイルスとの共存を模索する国が増えているが、海外ではソーシャルデイスタンスをめぐって不満を募らせ、とんでもない事件を起こした人がいる。

 アメリカウィスコンシン州で、交際相手の両親を射殺したとして、起訴されていた男の有罪が確定したと海外ニュースサイト『Oxygen』『New York Post』などが5月24日までに報じた。

 ​>>実の兄と妹が子ども4人授かるも、近親相姦罪で刑務所行きを繰り返す 法改定を訴え<<​​​

 州内のとある大学の植物園2020年3月31日朝、溝付近に倒れている男女をジョギング中の通行人が発見。警察に通報した。男女ともに、後頭部を銃で撃ち抜かれていたという。

 男性はその場で死亡が確認された。女性は息があったようで病院に搬送されたが、死亡が確認された。のちに男女の身元が判明。捜査関係者によると、女性は同大学の教授で医師の52歳女性だ。男性は女性の57歳夫だという。

 事件発生から3日後、容疑者として逮捕されたのは当時18歳の男(以下男)だ。裁判所の資料によると、男は射殺された夫婦の当時18歳娘(以下A)の交際相手であることが分かった。

 男とAは、同じ高校に通う同級生だ。いつからかは不明だが、男とAは交際をしていたそうだ。男は、事件発生の2週間ほど前からAの実家で、Aおよび夫婦と一緒に暮らし始めたという。同居を開始した経緯は不明だが、男は里親のもとに預けられていたと伝えられている。

 事件当時は新型コロナウイルスが猛威を振るっており、既往症を持ち重症化リスクの高いAの母親は、一緒に暮らす男とAに対しソーシャルディスタンスをとるなどコロナ感染対策を強く求めたという。

 最終的に母親は、ソーシャルディスタンスルールを守らなかった男とAを家から追い出したようで、2人は別の場所で暮らし始めたそうだ。男は「冷遇されて、大事にされなかった」などと思い、Aの両親に恨みを募らせていったという。
 
 事件前日の2020年3月30日夜、男はAの実家を訪れ、銃で脅してAの両親を車に乗せ大学内の植物園に向かった。そこで男は両親の後頭部を銃で撃ち抜き、意識のない2人を置き去りにした。このときに、車を運転した男の友人の18歳男も「共犯者」として逮捕されている。なお、男の交際相手Aは、男の犯行計画を一切知らなかったとして、特に罪に問われていない。

 男の裁判は複数回の審理を重ね、5月23日の裁判では第一級殺人罪で有罪が確定した。量刑は近日中に言い渡される予定だ。最大で終身刑の可能性があるという。

 このニュースが世界に広がるとネット上では「カノジョの両親に嫌われたくらいで殺すな。残酷な男だ」「実家に転がり込んできた娘の彼氏を歓迎するほど、親は甘くないと思うが」「表向きはソーシャルディスタンス、本音は近寄るな」「コロナで仕方ないにしても、露骨に距離を取られたら傷つくよ」「18歳はまだ子ども。追い出すのはもう少し待っても良かったと思う」「母親がコロナ弱者。親を大切に思っていないのは男の方」といった声が上がった。

 コロナ禍では、重症化リスクのある人が感染予防対策を求めるのは当然だろう。それなのに、冷遇されたと逆恨みして殺害するなど、身勝手極まりない犯行だ。男には重い量刑が予想される。

記事内の引用について
Wisconsin Man Convicted Of Murdering Girlfriend's Parents Over Their COVID Restrictions(Oxygen)より
https://www.oxygen.com/crime-news/khari-sanford-guilty-beth-potter-robin-carre-murder
Khari Sanford convicted of killing Wisconsin doctor, husband(New York Post)
https://nypost.com/2022/05/24/khari-sanford-convicted-of-killing-wisconsin-doctor-husband/

画像はイメージです