飾りか機能パーツか? 今ドキのクルマの顔にある「牙」みたいな穴の正体とは

元はタイヤハウスへの空気の取り込み穴だった

 クルマデザインというのは流行り廃りも含めて、時代によって大きく変わっていくもの。最近は「塊」感を優先していて、顔つきで見るとバンパーグリルライトまわりが一体になっているものが多い。ライトLED化が進んだこともあって細く切れ上がったものだし、グリルは小さいか、極端に大きいかのどちらかで、目も不均一が流行っている。

 そのなかで、よく見かけるのが、バンパーの両側に縦に入れられた樹脂部分。昔からあり、ダクトになっていてブレーキの冷却などを目的としていた。ただ、最近のものは貫通していなくて、ただ黒い樹脂パーツがはめ込まれたようになっているのが多い。一体、なんの目的でこうなっているのだろうか。

顔つきにメリハリを出す、いわば「隈取」

 まずあるのは単純にデザイン的なアクセントで、ダクトがあるように見せる演出だ。牙感というか、隈取(くまどり)的に入れられているもので、塊感を強調するゆえ、バンパーの両端がのっぺりとしてしまうのを防ぐ目的がある。機能する場合もあって、たとえばフォグランプを装着する場合のスペースとして使われることがある。つまり非装着車はただの黒い樹脂のフタで、装着車になるとそのままこの部分を取り替えてランプを埋め込む。これがないとバンパーそのものの形状を変えないとダメになり、手間もコストもかかる。

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

スポーツカーではブレーキの冷却に活用

 当然、走行性能向上、空力に作用する場合はあって、そうなると網状やスリットになっていて空気を取り込むようになっている。つまり本来のダクトしての機能だ。GR86BRZなどスポーツカーに多く、空気を取り込むことによってブレーキまわりを冷却することができ、空気抵抗の軽減にもなっている。ならばもっと多くのクルマが開ければいいのにと思ってしまうが、ことはそんなに簡単ではない。

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

The post 飾りか機能パーツか? 今ドキのクルマの顔にある「牙」みたいな穴の正体とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

プジョーでは「牙」型LEDライトの脇にさらに「牙」がある

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

パーツ名としては「フロントバンパー・サイドガーニッシュ」と呼ぶこともある

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

最近クルマのフロントバンパー両脇によくある「牙」のような意匠の機能と意味について考察

飾りか機能パーツか? 今ドキのクルマの顔にある「牙」みたいな穴の正体とは