アニメドラゴンボール』(DB)の新作映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が6月11日に公開される。公開まで2週間を記念して、『DB』の原作者・鳥山明氏から、映画の中心人物である孫悟飯ピッコロへの思いや、見どころを語ったコメントが公開された。

【画像】かっこいい…鳥山明の推しキャラ!ピッコロの映画登場シーン

 今回の映画では悟飯とピッコロ、そして、かつて孫悟空により壊滅した悪の組織レッドリボン軍>にスポットを当てた物語が展開される。公開されたコメントでは映画の狙いなども語っているが、その中で鳥山氏はピッコロへの思いを語っている。(以下、コメント一部抜粋。コメント全文は映画パンフレット(超(スーパー)パンフレット)に掲載される)

Q:他にピッコロへの思いなどあれば、お聞かせいただきたいです!
A:じつは、ピッコロは僕の一番好きなキャラで、いつも物静かな彼が、こんなにしゃべってうごきまわるのは、たぶん初めてじゃないですかね。

■映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーローあらすじ
 かつて、孫悟空により壊滅した悪の組織レッドリボン軍>。その意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間ガンマ1号、2号を生みだした。彼らは自らを「スーパーヒーロー」と名乗りピッコロ、悟飯らを襲い始め…。<新生レッドリボン軍>の目的とは?迫りくる危機を前に、今こそ目覚めよ!スーパーヒーロー!!

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』に込めた鳥山明氏のコメント(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会