挑戦系の動画で定評のあるアメリカYouTuberグループ「Dangie Bros」(チャンネル登録者数526万人)が、大人気ゲームMinecraft」で作る家を、現実世界で本物のブロックを使って再現した。該当の動画は、2022年5月21日公開の「We Built a House with REAL Minecraft Blocks!」。Minecraft好きの方には必見の動画だ。

参考:【写真】現実世界でブロックを積み上げて作られていく『マインクラフト』の家

 動画内では、忠実にMinecraftゲームを再現している。板紙を貼り付けるだけの代用品ではなく、本物の木材を使ってブロックを製作している。驚くべきは、リアルに再現するために膨大な作業を費やした点だ。本物のブロックを再現するために、木材を1,000回以上カットしたり、表面をバーナーで炙ってこげ茶色を作り出したりしている。

 これらのブロックは、本動画の撮影前に製作したもの。そして本動画では、外でカーペットを敷き、その上にブロックを組み立てていき、木材の屋根を取り付ける。その上に塗装を施してMinecraftの家が完成した。完成した家には木材のブロックだけでなく、ガラスチェストベッド、たいまつなどのアイテムもある。チェストやたいまつ、ベッドはもちろんお手製だ。ガラスは木材のブロックの間に挟み込み、またたいまつには火をともし、まさにゲーム内にいるような完成度の高さとなっている。この完成度の高さには、コメント欄も「ブロッククオリティに感銘を受けた!」「ブロックに板紙を使用しているほかのYouTuberに比べ、本物の木を使っているのはすばらしい!」と賞賛の嵐であった。

 また動画は家を作るだけでなく、モンスターが登場するシーンもあっておもしろい。おそらく段ボールで再現したクリーパー8体に襲われ、剣を作って撃退するシーンもある。編集もこだわっており、クリーパーが倒れるエフェクトゲームシーンそのもので、見ていて非常に楽しい。ストーリーがあって視聴者を楽しませているのも、チャンネル登録者数526万人を集めるDangie Brosの人気たる所以だろう。

 このようにDangie BrosYouTuberらしく、何かに挑戦する動画で人気を集めている。たとえば過去には、2022年3月12日公開の動画「I Survived Overnight at World’s Most Toxic Lake!」では、カリフォルニアでもっとも汚れていると言われる死の湖「ソルトン湖」で一晩過ごすという過酷な挑戦動画を投稿し、現在では200万回再生以上の人気を誇っている。編集技術や企画力の高さなどで全体的に動画のクオリティが高く、今回のリアルMinecraftの家を作る動画も感嘆の声が出るほど。Minecraftが好きな方は、ぜひ一度チェックしてほしい動画だ。

(小川遼)

動画サムネイルより