「足元で黒い大きな生き物が両腕を振り回し…」「右膝の横の肉がえぐれた」テント泊中の50代女性を襲った“真夜中の暴走グマ” から続く

 壮大な山の自然を感じられる登山やキャンプブームになって久しい。しかし山では、「まさかこんなことが起こるなんて!」といった予想だにしないアクシデントが起こることもあるのだ。

 ここでは、そんな“山のリスク”の実例や対処法を綴った羽根田治氏の著書『山はおそろしい 必ず生きて帰る! 事故から学ぶ山岳遭難』(幻冬舎新書)から一部を抜粋。雷鳥沢キャンプ場で起きたキャンプグッズの盗難事件を紹介する。(全2回の2回目/1回目から続く

◆◆◆

立山での1泊2日のテント山行

 土屋祐司(仮名・46歳)が登山を始めたのは2012(平成24)年ごろのこと。大雪渓と豊富な高山植物で登山者の人気を集める北アルプス白馬岳の南、標高1900メートルに広がる高層湿原・栂池(つがいけ)自然園を家族で訪れたのがきっかけとなり、ファミリーハイキングを楽しむようになった。また、義理の弟が登山を趣味にしていたことや、仕事関係の後輩が山に登りはじめたことにも影響され、自身も徐々に登山に魅せられていった。

 最初のころは主に家族が同行者だったが、そのうち後輩といっしょに行くことのほうが多くなった。たまには単独でも登るが、ほとんどの山行は後輩といっしょだ。登山の頻度は2、3ヶ月に1回、多いときで1ヶ月に1回ぐらい。たいていは日帰り登山だが、年に数回は小屋泊まりやテント泊で山に向かう。登山の知識や技術は山岳雑誌などを通して学び、初めて雪山に行く前には雪山講習会に参加した。

 とりあえずの目標は、山の文学者として知られる深田久弥(きゅうや)が選定した「日本百名山」の踏破。少しずつでも登り続け、いつか達成できたらと思っている。

 2019(令和元)年9月、その土屋がひとりで向かったのが、北アルプスの立山だった。この年はまだテント山行をしておらず、以前から立山にも行ってみたいと思っていたことから計画した1泊2日の山行だった。立山は標高3000メートル級の高山であるが、バスやケーブルカーなどを乗り継ぐアルペンルートを使えば、登山口となる標高2450メートルの室堂(むろどう)に労せず立つことができる。室堂から1時間ほど歩けば快適な雷鳥沢(らいちょうざわ)キャンプ場があり、周囲の山々への恰好の登山ベースとなる。

「自分にはまだテントを担いで縦走するだけの力量がないこと、雷鳥沢にテントを張れば雄山(おやま)~大汝山(おおなんじやま)~富士ノ折立(おりたて)を周回できることを考えて、立山を選びました」と、土屋は言う。

 自宅を車で出発したのが9月6日の未明で、アルペンルートの起点となる扇沢(おうぎざわ)に到着後、車内で2、3時間ほど仮眠をとった。アルペンルートの始発に合わせて準備を整え、電気バスケーブルカーロープウェイトロリーバスと乗り継いで、室堂に到着したのが午前10時過ぎ。室堂ターミナルから重さ13、14キロのザックを担いで雷鳥沢キャンプ場へ向かい、幕営の受付をすませた。

 キャンプ場の敷地内では、自分の好きな場所にテントを張ることができる。土屋が選んだのは、人の行き来がある石畳道の十字路の脇で、周囲には5メートル弱の距離に2、3張のテントが張ってあった。ひと気のないキャンプ場の隅っこのほうにテントを張ってのんびりくつろぎたいという気持ちもあったが、明日はテントを張ったままで山に行く予定にしていたので、防犯の意味である程度は人目につきやすい場所のほうがいいだろうと考えた。

 テントを張って昼食をとったあとは、前夜ほとんど寝ていなかったので、テントの中で昼寝をした。一時、雨がパラついたが、夕方には上がっていた。夕食前のひとときは、周辺を散策がてら、日本一標高の高いところにある天然温泉、みくりが池温泉に行ってみた。しかし、日帰り入浴の受付時間はもう終了しており、湯に浸かることはできなかった。仕方ないので、明日、帰りがけにまた立ち寄って汗を流すことにして、キャンプ場にもどってきた。

 その晩は天気がよく星空がきれいだったので、夕食後、カメラで星空をタイムラプス撮影(一定の間隔で連続撮影した写真を繫ぎ合わせ、パラパラ漫画のような動画を作製する方法)した。撮影のためカメラを外に置きっぱなしにしたままなので、近くで人の気配や足音がするたびに、カメラを盗まれやしないかと心配になり、何度かテントから顔を出してカメラの無事を確認した。星空のタイムラプス動画は、うまく撮影できていた。

キャンプ場を振り返ってみたときに、「あれ?」と……

 翌7日は朝6時ごろ起床し、朝食をとったのち、6時40分ごろから行動を開始した。 

 ザックに入れたのは、雨具、防寒具、行動食、ハイドレーション、貴重品など日帰りの装備一式。テントは張りっぱなしで、山から下りてきたら撤収するつもりだった。

 歩きはじめておよそ20分後の7時ごろ、雷鳥荘のあたりまで登ってきたところで、ふとキャンプ場を振り返ってみたときに、「あれ?」と思った。自分が幕営した場所に、テントが見当たらなかったからだ。

「おかしいな、テントがないぞ。風で飛んだのかな。なんらかの理由で管理人が移動したのだろうか。それとも日陰になっていてただ見えないだけ?」

 まさかテントがなくなるなんてことはあり得ないよな、と思いながらも、いろいろな可能性が頭をよぎった。もしかしたら盗まれたのかも、ということも考えた。

 しかし、なにかの間違いだろうという気持ちが強く、引き返そうかという思いを打ち消した。かりに盗まれたのだとしたら、犯人はもう逃げているだろうから、引き返したところでどうにもならないという気持ちもあり、とりあえずそのまま登山を続行した。

 ここで断っておくが、登山者が数日間テントを張って周囲の山に登る場合、出掛けるたびにいちいちテントを畳んだりはしない。キャンプ地から日帰りで山に行くとき持つのは、必要な登山用具と貴重品、それに食料と水ぐらいで、テントシュラフ、炊事用具などは置いていく。

 山で使わないものをわざわざ持つのは労力と時間の無駄であり、このことは「山ヤは他人のものを盗んだりしない」という前提のもとで成り立っている。だから一箇所のキャンプ地での滞在期間中は、たいていずっとテントは張りっぱなしのままで、登山中に使用しないものはテントの中に置く。

 登山をしない人は「なんと不用心な!」と思うかもしれないが、登山者の間でそれが当然のこととされているのは、これまで盗難被害が報告されたことなどなかったからであろう。

やはり自分のテントがなくなっていた

 さて、この日は天気がよく、登山者の渋滞もなく、マイペースで快適に山を歩くことができた。だが、頭の片隅ではテントのことが気になっていた。雄山のあたりからはキャンプ場が見えたが、距離がありすぎてテントの有無は確認できなかった。デジカメキャンプ場の写真を撮影してモニタで拡大してみると、テントはなさそうに見えたがはっきりとはわからなかった。

 山から下りてきたのは、午後12時半ごろのことである。キャンプ場に帰ってきてみると、やはり自分のテントはなくなっており、別のテントが張られていた。そのテントの主に「ここにテントが張られていませんでしたか」と尋ねると、「僕がここに来たのは10時半ごろですが、なにもなかったので、ここに張りました」という答えが返ってきた。

 風で飛ばされてそのへんに転がっているのかもしれないと思い、あたりを見回してみたが、それらしきものは見当たらなかった。ならばとキャンプ場の管理事務所に行き、移動したテントがあるかどうか確認してみたが、「そんなことはしていない」とのことだった。

「朝9時ごろ清掃したときにはテントはなく、ゴミが散らかっていた」

 そう管理人は言った。

「まさか、とは思うんだけど、ほんとうになくなっているんですか」

「ええ、なくなっています」

 このときに管理人から、実は前日にも、山をひとつ越えたところにある剱沢(つるぎざわ)キャンプ場で、テントと大型ザックが盗まれる事件が起きていたことを知らされた。状況からすると、土屋のテントも盗まれた可能性が非常に高かった。

 朝、土屋が途中で振り返ってみてテントが確認できなかったのは、おそらく見間違いではなかった。つまり、出発直後の6時40分から7時までのわずか20分ほどの間にテントは盗まれたことになる。テントの出入り口のファスナーには小さなダイヤル鍵をかけていたが、出入り口を絞る紐を解いてしまえば簡単に取れるので、気休めでしかなかった。

「私の出発を確認し、出発してすぐに持ち去っているわけですから、私から見える範囲にいた人が犯人なのでしょう。気づいたときに引き返したとしても、20分はかかるわけですから、“ときすでに遅し〞だったと思います。ザックの中にしまわれてしまえばわかりませんし、わかったとしても私のものだと証明することもできませんしね」

被害総額はざっと十数万円

 盗まれたテントは、「ニーモ」というアメリカブランドの、日本特有の高温多湿な気候に対応するようにつくられモデルで、備品とセットで6万円以上で購入したものだった。そのほか、シュラフエアーマットジェットボイル(ガスストーブ)、ランタン、テーブルチェアーTシャツなど、幕営地に置いていたすべてのものがなくなっていた。テントシュラフマット類は前年に購入したもので、今回が4回目の使用であった。Tシャツはこの年に購入して初めて着たものだった。被害総額は、ざっと見積もって十数万円になるものと思われた。

「私はこのキャンプ場に8年いるが、今までこのようなことはなかった。もし盗難だとすれば、非常にけしからんことだ。再発防止のために『防犯カメラを設置する』という話になるかもしれないが、ただ、大自然のなかのこうした場所にカメラを設置するのはいかがなものかと思う」

 キャンプ場の管理人はそう言って大いに憤慨し、すぐに室堂にある上市(かみいち)警察署の派出所に連絡を入れてくれた。

 1時間ほどすると富山県警山岳警備隊の隊員がひとりでやってきて、簡単な事情聴取を受けた。隊員の話によると、前日に剱沢キャンプ場で起きた盗難事件では、「テントザック以外1の盗品の一部は、キャンプ場の脇のほうに捨てられていた」とのことであった。土屋と隊員もいっしょにキャンプ場をひとまわりして、盗まれたものが捨てられていないか確認したが、なにも見つからなかった。

 その後、「詳しい調書をとるので、派出所へ行ってください」と言われ、ひとりで室堂へ向かった。隊員は周辺で聞き込み捜査を行なうため、現場に残った。土屋が聞き込みに同行しなかったのは、「もし被疑者がいた場合や盗難品が見つかった場合、被疑者がなにも言わなくなったり、お互いが気まずくなったりする可能性もある」との配慮から、隊員に指示されてのことであった。

 土屋がひとつ心残りに思っていたのは、前日に入れなかったみくりが池温泉のことだったので、「途中で温泉に寄っていいですか」と尋ねてみたが、「事情聴取が長引くとアルペンルートの最終に間に合わないかもしれないので、申し訳ありませんが温泉には寄らずに派出所に行ってください」と言われた。

「状況から考えれば当たり前なんですが、『せっかくここまで来ていたので温泉に入りたかったな』というのが正直な気持ちでした」

 室堂の派出所では、応対した山岳警備隊員にとりあえずこれまでの経緯を報告し、相談届を提出した。隊員の話によると、このような盗難被害に遭った際の手続きとしては、「被害届」と「相談届」の2つがあるとのことだった。今回のケースでは、なくなったものが個人の所有物であることを証明するのが難しく、被害届としては受理されない可能性もあるので、まずは相談届という形で提出してはどうか、というのが隊員のアドバイスであった。

 相談届でも被害届同様、捜査は行なえるし、保険請求時に必要な届出番号も発行され、その後「事件性がある」と判断されれば被害届に変更もできるという。剱沢キャンプ場で起きた盗難事件の被害者が提出したのも、相談届だった。

 こうした説明を受け、土屋も相談届を提出することにした。

 ひととおりの聴取が終わったころ、現場で聞き込み捜査を行なっていた隊員が派出所にもどってきた。

「手掛かりはありませんでした。すみません

 そう報告を受けたのち、アルペンルートで山を下り、その日のうちに帰宅した。

(羽根田 治)

写真はイメージです ©iStock.com