女子高生・亜梨子(ありす)は、前世では「木蓮」という女性で、6人の仲間と月基地にいた。亜梨子は前世の記憶を共有する仲間と集い、仲間の一人・輪は月基地でのキィ・ワード収集を始めるが、それが地球と月の運命を狂わせるきっかけに──。 日渡早紀の『ぼくの地球を守って』は、1986~1994年に雑誌『花とゆめ』で連載され、“前世・輪廻転生”の大ブームを起こした傑作SFマンガだ。

 実は連載当時、熱狂した読者たちは現実でも前世の仲間探しを始め、作者自らが「この作品はフィクション」と異例の宣言を出す事態となった。《戦士症候群》と呼ばれるこの社会現象を、作者は当時どんな思いで眺めていたのか。

 今年画業40周年を迎えたSF少女マンガパイオニアに、大きな影響力を誇った『ぼく地球』の制作秘話を語ってもらった。(全3回の1回目/2回目を読む

◆◆◆

担当から「君が思うよりもすごいことに……!」と

――『ぼくの地球を守って』(略称:ぼく地球〈たま〉)の連載開始は、1986年12月主人公の亜梨子(ありす)と仲間たちが前世と現世を交錯し始めたあたりから、毎号大反響だった記憶があります。日渡先生が反響の大きさを感じたのは、いつ頃でしたか。

日渡 連載が始まって半年くらいの頃、《亜梨子と友人の迅八、一成が、雑誌に「前世の記憶を持つ仲間を募集」と投稿したら、大介から手紙が届く》というエピソードを描いたんです。

――これはその回の最後の見開きページですね。

日渡 はい。これが本誌に載ったあと、当時の担当氏からいきなり電話がかかってきて。私は最初「うわ~、また口絵とかの依頼かなぁ。忙しくなるのやだなぁ」などと思ったんですが……。

――そんな話ではなかった。

日渡 担当氏からは「次回の冒頭、ハズしてほしくない。他に展開を振らず、前世のメンバーたちをすぐに会わせてほしい」と言われたんです。

 私はなぜそんなことを言うのかわからず、理由を聞いたら、「実は君が思っているよりも、『ぼく地球』の反響がすごいことになっている」と。

テレビランキングコーナーで突然1位に

――確かに。90年代初め、私は女子高に通っていましたが、クラス中で『ぼく地球』のコミックスが貸し借りされまくっていました。

日渡 先ほどのエピソード花とゆめコミックスの2巻に所収されたのですが、私自身は1巻の初版あたりまでは、のほほんと平和に仕事してました。これが「反響」というものを意識した最初の出来事だったかもしれません。

――そこで手ごたえをつかまれたんですね。

日渡 はい。あとは、夜にテレビを見ていたら、番組名は憶えてないのですが、ランキングコーナーのSF部門で、『ぼく地球』の単行本がいきなり1位の扱いになっていて。

――圏外からいきなり1位ですか。すごい

日渡 それを偶然観た私は、翌日発熱した記憶があります。「一体何が起きてるんだ?」と思いました。思いもよらなかったので。

フィクションの世界に迷い込む読者が大量発生

――そうだったんですね。読む側としては、当時の熱心な女子読者は、軽く熱に浮かされているような印象がありました。

 先生の元にも「今の自分は本当の自分じゃない、前世の仲間と会いたい」「一度死ねば前世の自分に会える?」「自分も『ぼく地球』の前世キャラクターの一人じゃないか」など、現実とフィクションの境目が危うくなった読者の手紙がたくさん届いたそうですね。

日渡 そうですね。連載が進むにつれ、そういったお手紙もありました。

――コミックス8巻(1989年発売)の欄外では、ついに先生自らが「ぼく地球はフィクションです」と宣言。これはかなり衝撃的でした。

 これを読んだとき、「作者本人がそこまで言わなきゃいけないほどなのか!」と驚きました。フィクションの世界に迷い込む読者がこれほど生まれるとは、先生や編集部も予想外だったのでしょうか。

日渡 予想外でした。少なくとも私にはですが。

 実は、花とゆめコミックス7巻の最初のページに《この作品はフィクションです。実在の人物・事件・団体等とは、いっさい関係ありません。》と、注意書きを入れてるんですよ。

 それまでは私自身も、フィクションと現実を混ぜ合わせてしまう微妙な事態を気にかけてはいましたが、そこに触れると、読者さまが作品を楽しむ気持ちに冷や水をかけてしまうのでは……という葛藤がありました。

 そうしたら、担当氏が「7巻の冒頭に注意書きを入れておくよ」とお気遣いくださって。注意書きを冒頭に入れて、様子を観ようということになったんです。

――8巻でフィクション宣言を出す前に、7巻にワンクッションが入ってるんですね。

日渡 そうなんです。ちなみに《この作品はフィクションで……》という注意文の先駆けは、三島由紀夫氏の小説『宴のあと』らしいですね。その後、さいとう・たかを先生原作の特撮ドラマ超人バロム・1』でも、ドルゲ事件(*)以後、テロップが使用されたようです。

 最近もSNSで騒がれていた作品があったようです。いつの時代も年齢に関係なく、フィクションと現実の境の見極めは難しい……という事実は、変わらないのかもしれません。

*ドルゲ事件 1972年、『超人バロム・1』の悪役・ドルゲと同姓のドイツ人が、「番組のせいで子供がいじめられる」と放送局に抗議。後日、作品がフィクションである旨を記すテロップが番組内に挿入された。

徳島の自殺ごっこ事件とフィクション宣言の関係

――現在、ウィキペディアの《戦士症候群》の解説には、1989年8月に徳島で小中学生の自殺ごっこがあり、それが『ぼく地球』の「フィクション宣言」に少なからず影響したように書かれています。これは事実なのでしょうか。

日渡 世間から見ると、私のフィクション宣言は、その事件がタイミング的に影響したように感じられたのだろうなと思います。

 でも実際は、コミックス7巻が出たあたり(1989年7月)から、私と担当氏の間では「本当はキッパリ、警告文を書いたほうがよいのかもしれないよね」という話をしていました。私自身の手で宣言文を書こうと思うタイミングと、徳島の事件の時期が重なったという偶然があるとは思います。

――そうでしたか。

日渡 ただ、もし徳島の事件がなかったとしても、8巻にフィクション宣言は書いたと思います。読者さまにとっても今では黒歴史であろうなぁと思われ(笑)内容のお手紙が、当時はあまりにも多かったですから。

『ぼく地球』の設定上では、《自殺をすると転生できない》というセーフティ設定を盛り込んではいたのですが、難しいものだなぁと当時、実感しました。

――そうでした。木蓮(亜梨子の前世)の「自ら命を絶たないで」という言葉のために、紫苑(木蓮の伴侶)は一人で生き続けますね。

日渡 徳島の事件に『ぼく地球』が影響したかどうかはともかく、当時の少女おふたり様が無事で本当によかったです。今では事件をきっと封印なさって、元気にお暮らしでいらっしゃることを切に望みます。

半年連載の予定が7年超の大ヒット

――『ぼく地球』の連載はもともと12回、半年ぐらいの予定だったそうですが、終わってみると7年を超えました。

日渡 そうですねぇ……思ったように進まない総ての理由は、キャラがそれぞれ勝手に自分の言い分を通そうとしてくるという、未曾有の事態が発生したからでした。

 なので、展開が決まっていても着地点が定まっていても、大体遠回りになったり、逆にいきなりすっ飛ばしたり……の繰り返しで。

――連載の大反響を受けて、話の流れが変わっていったのでしょうか。

日渡 『ぼく地球』に関しては、読者さまの意向で話の流れを変更したことは、ほぼないです。本音を言えば、キャラが作者をかなり翻弄してきたのが、扱いづらくて面倒でした。

――マンガ家の方はよく「描き始めるとキャラクターが勝手に動く」とおっしゃいますね。

日渡 これはよい解釈で使われることが多いですが、作者側にしてみるとかなり厄介です。

 無視すると、セリフを書き入れる時点で、手がマジで動かなくなるので困るんです。「あーーもぉ!(怒)」って感じで。

――先生は以前、「一番動かしにくいキャラクターは亜梨子。作者が描いている命題やプロットをひっくり返すようなことをやらかす」と書いていました。

 キャラクターが言うことを聞かないときは、本来の道筋にどう導くのでしょう?

日渡 「じゃあ、とりあえずコッチ方向に行く感じで、好きに動いてみてください~」と脳内でキャラクターをなだめつつ、お互いに納得いく演出をすり合わせしながら、動いてもらいます。

 亜梨子は、以前は動かしにくかったのですが、最近ではかなり大人になってくれまして、だいぶ落ち着きました。今はその息子の蓮(れん)が、だんだんと反抗期に突入しつつある気がします。

「転生後のベストチートは《普通》であること」80年代に異世界転生ジャンルを切り拓いた『ぼく地球』日渡早紀が令和の“なろう系”に思うこと へ続く

(前島 環夏/Webオリジナル(特集班))

『ぼくの地球を守って』©日渡早紀/白泉社