誰もが一度は憧れる、マイホーム。その夢が実現し、ついに家が完成してひと安心……とはいかないこともあるようです。

マイホーム 不動産
イメージです(以下、同じ)
 梅田聖(仮名・35歳)さんは、当時のハプニングを話します。

夢の新築一軒家を購入

 梅田さんは、かつてから望んでいた一軒家を購入することに。

「妻と子供2人の4人で過ごしています。2人目の子供が産まれ、結婚生活、仕事とともに安定してきたので、一軒家の購入を検討するようになって。順調に生活レベルが上がってきていることを感じていました」

 そんなとき、偶然友人から近所で新築戸建の販売が始まることを耳にします。

「引越し先は、子供の通う学校が近い地域で考えていたんです。そんなとき、偶然友人から新築が建つとの情報を入手し、さっそく不動産屋に話を聞きに行きました。立地、広さ、値段も好条件で、妻と私はその場で購入を決めました」

 一軒家が建つまでの間、二人は新しい生活を待ち望みます。

「家が建つまでの期間は、約4か月ほどですかね。妻と新しい住まいのことを想像しながら、理想を語り合う日々を過ごしていました。長年の夢だったので、マイホームを持つ現実が、もうすぐ訪れると考えると、ワクワクしましたね」

マイホームに胸躍らせる日々。しかし…

想像する

 夢のマイホームを目の前に、梅田さんは胸を躍らせます。

家のことが気になって仕方がなく、工事の期間は毎日のように足を運んでいました。工程通りに進んでいるかの確認や、変更箇所などを伝えるなどしていました。そこまでしていると、誰が職人さんかわからないですよね(笑)。ですが、それほど自分の家は大事にしたかったんです」

 いよいよマイホームと対面の瞬間が訪れます。しかし、思いもよらぬことが起こるのです。

マイホームに誰かがいる!?

新築にいた隣人

「やっと家が建ちました。目の前に建つ自分の家に、感動したのを今でも覚えています。そしていざ、妻と子供と家の中に入ろうとしました。玄関からリビングへと足を踏み入れると、すでに誰かがいたんです。その瞬間、心の中にあった感動がサーッとなくなりましたね」

 自分の家に誰かがいる……。職人さんが最終確認にでも来ていたのでしょうか……?

「そこにいたのは、子供1人と大人2人。瞬時に家族だと理解しました。ですが、なぜ私たちの家にいるのかは理解できませんでした」

謎の家族は“見学”に来ていた!?

 梅田さんは、そこにいた家族におそるおそる質問します。

「あまりにもそこにいた家族が平然とした様子だったので、家を間違えたのだと思い妻に確認しました。ですが、確かに私たちの家だったんです。そこで、なぜここにいるのかを聞いてみました。すると父親であろう男性が『見学しにきました』と答えたんです

 どこで、梅田さんの家を見つけたのでしょうか。さらに疑問が浮かびます。

「なんで見学しているのか、なぜ勝手に家に上がっているのか、どこでこの家のことを知ったのか、さまざまな疑問が出てきました。普通、人様の家に勝手にあがるなんて考えられないですよね。しかも、出来上がったばかりのまっさらな家に……」

見知らぬ家族の正体とは

テレワーク 悩む男性

 男性はなお平然とした様子でいたといいます。

「私が混乱していると、男性は『隣の家の者です』と……。これからお世話になる近所の人が、こんなにも非常識な人だとは思いたくなかったです。上手くやっていけるのか、正直不安でいっぱいでした」

 まさか、家に上がっていた家族が隣人だとは誰も思わないでしょう。さらに続く一言で、梅田さんは衝撃を受けます。

「『何かあったときのために合鍵を預かっておきましょうか』と言われたんです。さっき会ったばかりの見知らぬ人に、合鍵を預けられるわけがありません。不法侵入で訴えようかと思いました」

 今はなんとか新しい生活に慣れてきたものの、日々隣の家族を警戒しながら過ごしているそう。これ以上のハプニングがないことを願います。

TEXTHonoka Yamasaki イラストzzz(ズズズ)>

-[私の周りの迷惑な人]-

【Honoka Yamasaki】

ライターダンサーpurple millennium運営。
Instagram :@honoka_yamasaki