文/椎名基樹

詐欺師呼ばわりで逮捕された中江滋樹の「投資ジャーナル事件」

 1970年代後半から、株式投資の世界で「兜町の風雲児」ともてはやされ、やがて「投資ジャーナル事件」で逮捕収監された中江滋樹を扱った、世界仰天ニュースが面白かった。VTRの内容も興味深かったし、何より「仰天ニュース」は再現VTRクオリティーがいつも高くて立派だ。

 投資ジャーナル事件は、中江の会社が保証金の10倍を融資すると謳い、580億円あまりを集めたことが詐欺行為に当たるとして立件された。中江滋樹は、無免許で融資し投資させた証券取引法違反は認めていたものの、自分が詐欺罪であるとは信じていなかった。しかし結果、詐欺罪として懲役6年の判決が下された。

 ゲストアナウンサー吉川美代子は当時このニュースを報道したが「中江に儲けさしてもらった人はたくさんいたのに、損をした途端手のひらを返したように、中江滋樹は詐欺師呼ばわりされた」と話す人も周囲には多くいた。しかし、報道としては大悪人として扱われていたとコメント

 同じくゲスト経済評論家は、中江滋樹本人は詐欺とは思っていなかった、だから逃げも隠れもしていなかったしマスコミに顔を出し続けていた。兜町の風雲児ともてはやされている高揚感の中でいつの間にか詐欺に手を染めてしまったのではないか、と何だか曖昧なコメント

 近頃ベストセラーになっている厚切りジェイソンの株式投資の著作を読むと、証券会社がお勧めの銘柄で構成された「アクティブファンド」はほとんどの人が損をしてしまうという。投資は最終的には投資家の自由意志で行われており、損をしたからといって詐欺罪に問われるならば、証券会社は丸ごと詐欺罪になってしまう。

ひろゆき氏の発言が思い出される

 検察は584億円のうち18億円について詐欺罪に当たるとして懲役12年を求刑した。結果懲役8年の判決が下され、後に控訴して6年に減刑された。なんとも歯切れの悪い経緯で、落としどころが決められたような印象を受ける。

 私はこの番組を見て、昨今のネットスターの2人のことを思い出した。1人はひろゆきだ。ひろゆきは、自身のYouTubeチャンネルで、日本経済の停滞の発端の1つにホリエモンの逮捕があると思っているとコメントしている。ホリエモンを逮捕する明確な罪状はなかった。しかしホリエモンは逮捕された。それを見て日本の起業家は、目立つと手を下されると知り萎縮した、という趣旨のことを発言していた。

◆”出る杭”となったガーシーは打たれるのか

 もう1人はガーシーだ。ガーシーは自身のYouTubeチャンネルで、警察が自分が行った詐欺行為の被害者に対して、自分と示談しないように裏工作をしていると発言。被害者たちが最初に警察に行った時は、立件できないとして門前払いしたにもかかわらず、ガーシーが世間を騒がすようになった途端、彼を逮捕する方向に動き出した。それは誰かしらが、警察に圧力をかけたためだとガーシーは言う。

 ガーシーの主張はいくぶん被害妄想めいているし、ホリエモンや中江滋樹の逮捕が不当であったと、明確に主張できる根拠を私は持たない。しかし日本社会が「出る杭は打つ」体質である事は間違いないだろう。正直言って、他の先進国に比べて、社会の紊乱者に対して、恣意的に権力が行使されることが許されていると感じる。

◆頭の中を変えなければ日本経済は先細りしていく…

 世界仰天ニュースを見て、中江滋樹と言う人物は、社会的に抹殺してしまうにはあまりに惜しい才能を持った人と感じた。

 小学生の時から自分の誕生日のご馳走を我慢する代わりにそのお金を親からもらう、独特の金銭感覚を持っていた。小学生の時に株式投資を始め、高校のときには一千万円以上の儲けを出していた。22歳でたった1人で起業し、あっという間に兜町の風雲児と呼ばれるまでになった。

 人間としてもなかなか魅力的だ。VTRを見たり、ネット記事を読んだだけの情報であるが、中江滋樹のことを邪悪な人間とは、どうしても思えなかった。

 刑務所から出所後、近づいてきた裏社会の人が融資した金を、中江は焦げ付かせてしまう。その時、投資ジャーナル社の元社員たちが、1億円を工面してくれて、その金で8年間愛人とともに海外逃亡生活を送った。元部下たちとの関係性がわかる。

 帰国後、相場の世界でもう一度浮かび上がることを願いながら、最後は2020年生活保護を受けながら1人暮らしをしていたアパートで、タバコ不始末から焼死してしまう。亡くなる直後まで株のチャートを細かく書き込んだメモをつけていたと言う。

 人権や環境に対する意識を新たにすることが、強く求められているのが昨今の風潮だ。そして、頭の中を変えることが、社会の経済的発展に直接関係しているらしい。日本の社会が変わる事は難しそうで、ひろゆきがいうように、日本は先細りしていくしかないようだと思わされた、中江滋樹の世界仰天ニュースであった。

【椎名基樹】
1968年生まれ。構成作家。『電気グルーヴオールナイトニッポン』をはじめ『ピエール瀧のしょんないTV』などを担当。週刊SPA!にて読者投稿コーナー『バカはサイレンで泣く』、KAMINOGEにて『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』を連載中。ツイッター @mo_shiina

ガーシー公式Twitterより