逮捕

身柄を確保されてもなお、どうしても逃げたいと考えた男。その結果とんでもないアイデアを思いつき、警察官たちにある大胆な提案をしていたことを、『New York Post』などアメリカメディアが伝えている。


■女性のバッグを狙った男

先日の午後8時頃のこと、アメリカアイオワ州で暮らす中年の男(49)が、肩にバッグをかけて歩く女性を見かけ、そっと近づいた。

そのまま少しのあいだ後をつけ、男は女性にさらに接近。間近に迫った瞬間にバッグのストラップに手をかけ、無理やり女性から奪おうと試みた。

しかしなかなかうまくひったくることができず、イラ立った男は女性の顔面をパンチ。結局はバッグを奪うことに失敗し、その場から立ち去った。殴られた女性にケガはなかったという。


関連記事:人違いで裸のまま手錠をかけられた女性 誤認逮捕の警察は3億円超の慰謝料支払い

■あっけない逮捕と意外な提案

女性からの通報を受けた警察官たちは、現場に急行。まだ近くにいた男を発見・逮捕し、パトカーに乗せた。

そのまま警察署に向かうはずが、男は警察官たちに対し「100万ドル(約1億2,800万円)をあげますよ」「だからどうか僕を逃してほしい」などと交渉し始めたという。

■交渉にも失敗し署へ

「お金は口座振込も可能だし、現金でお渡しすることもできます」。そう言われ驚いた警察官たちが「つまり賄賂か」と聞いたところ、男はあっけなく「そうです」と認めた。

警察官たちは当然ながら提案に応じず、男をそのまま署に連行。賄賂をちらつかせ罪を重ねた男の保釈金は、1万ドル(約128万円)に設定された。


■世間は「大嘘」と判断

この件について報じられると、インターネトには「100万ドルも持っているのなら、保釈金もすぐに支払えるだろうに」「金持ちだと言うわりに、ハンドバッグをひったくるのか」という意見が書き込まれた。その場で思いついた大嘘だと考えている人が多いようだ。

犯罪組織との関わりや前科の有無など、詳しいことはまだ報じられていない。

・合わせて読みたい→性的暴行ほか44件もの罪を犯した「野獣警察官」 裁判に注目集まる

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

警察官に「1億円あげるから」と交渉した男 バッグひったくりの罪から逃れるため