「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」の「ハクタイの森」に、ドダイトスナエトルの親子がひっそり暮らしていたら……。そんな想像を形にした、リアルジオラマが好評です。

【画像】作品を別角度からも見る

 作者のくまごろさんが表現したのは、大きな木と水場に寄り添うポケモンたち。ドダイトスナエトル以外にも、木にはケムッソミノムッチがいたり、水場ではケイコウオが泳いでいたり。野生のポケモンの生活がありありと描かれています。

 ポケモン作りには石粉粘土、植物には紙製のジオラマ素材やレンジ用ふきんなどを使用。木は針金と粘土で幹を作り、オランダドライフラワーで枝先を表現しているそうです。

 自然が細部まで表現されていて、本当にポケモンそこにいると感じさせるジオラマは、「現実を切り取ったみたい」「ドダイトスが今にも動き出しそう」「思わずBGM脳内再生される」と大好評。編集部はくまごろさんに、製作の経緯などを詳しく聞きました。

―― まずジオラマ製作のきっかけを教えてください

くまごろさん:ポケモンダイパ直撃世代なので、2021年リメイク作品が発表されたうれしさの余り、狂喜乱舞しながら作りはじめました。ナエトルドダイトスはかつての相棒(と、その最終進化系)です。新作の「LEGENDS アルセウス」でも真っ先に捕まえました。

―― 作品のテーマは?

くまごろさん:シンオウ地方の自然と、ポケモンたちの野生の暮らしです。冒険とバトルが注目されがちなポケモンの、「野生の世界」を作りたいと思いました。

―― ドダイトスの威圧感と、ナエトルの無邪気さが対称的で面白いですね

くまごろさん:親御さんが周囲に目を光らせ、必死で安全を確保しているのをよそに、ちびっ子がはしゃぎ回っているような様子をイメージしました。町でもよく見かけますよね。

―― ポケモンの造形で力を入れた部分は?

くまごろさん:ポケモンたちはほぼ全て石粉粘土ニューファンド)で作ったのですが、粘土での生き物の造形は小学生以来だったので苦労しました。ドダイトス生き物としての説得力を持たせるために、ワニガメやゾウガメ、古生物のメイオラニア等を参考にイメージを練りました。特にうろこの造形は手間がかかって大変でした。

―― 背景も手が込んでいますね

くまごろさん:シンオウ地方北海道モデルなので、背景は、東北の白神山地北海道各所の森林を調べてイメージ作りをしました。ただ、「木1本だけで森らしさを出す」という矛盾には頭を悩ませました(漢字でも3本で森なので……)。倒木や表面のコケ、散らばった枝や枯葉などで少しはそれらしさが出たでしょうか……?

画像提供:くまごろさん

ポケモンが“そこにいる”現実感がすごい