カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 007のジェームスボンドが使ってそうな、スパイ映画顔負けの精巧な仕掛けが搭載されている改造車が、アメリカの警察によって摘発された。

 ボタン1つでナンバープレートを反転させたり、他の車の燃料を吸い上げて自分のタンクに給油する装置など、まさに犯罪専用仕様なのだ。

【画像】 警察が見つけた改造車は強盗用!盗品や驚きの仕掛けが中に

The Gadgets on This Car Are Straight Out of a Movie

 米カリフォルニア州の都市アーバインの警察は、強盗の為に改造された車を摘発した。

 当局によると、この車はある住民の通報から見つかったもので、先週起きたいくつかの車両強盗に関わる可能性が高いという。

9

 この不審車両は、街の中心にほど近い路上に停められており、内部に強盗用の道具のほか、盗品とみられる身分証明書、現金や財布が大量にあった。

 それだけでも強盗の証拠として充分だった。ところがこの車には警察も二度見するとんでもない仕掛けまであったのだ。

[もっと知りたい!→]アメリカでカーチェイス専用のパトカーの必殺武器「グラップラー・ポリスバンパー」(アメリカ)

2

ボタン1つでナンバープレートが反転。燃料吸い上げ装置も

 警官が見慣れぬボタンをひと押ししたところ、なんとナンバープレートが反転。まるでスパイ映画さながらの機能だ。

no title

 さらにもう一つ、よその車のガソリンをこの車の燃料タンクに直接給油する精巧な吸い上げ装置も備えていた。

3

 おいおいフィクションにしかなさげな仕掛けがリアルにあるだと?

 投稿動画には「容疑者の車はまるで007の映画のようだった」という説明もあり、少々のことでは動じない警官もざわついたもよう。

鍵とリモコンを手がかりに容疑者2人を逮捕

 その後捜査をすすめた当局は、容疑者のものらしい住宅の鍵やガレージのリモコンを発見。そこから容疑者2人にたどり着き、前に盗難届が出ていた車も発見できたという。

 逮捕されたのは、近隣のガーデングローブ市に住むヤスミン・カンブール(37歳)とクリス・フイン(44歳)。

 2人は車強盗のほか、車上狙い、身分証明書の窃盗、盗品所持、強盗用具所持など複数の余罪があるとみられる。車の違法改造もその中に入るのかな?

 容疑者の1人カンブールは、保釈金95,100ドル(約1200万円)と出廷が命じられており、フイン容疑者は保釈金50,000ドル(約630万円)で拘束中だ。

ベテラン巡査も初見の改造車。より多くの人間が関与か

 前代未聞の車について、アーバイン警察のカリー・デイビス巡査部長は「19年間勤めてますがこんなものは初めてです」とコメント。

 今回の逮捕の決め手は駐車場の監視カメラの記録で、不審な車が侵入する様子が通報につながった。

4

 捕まった2人は、アーバイン市内で発生した6件のほか、近隣の都市ニューポートビーチで発生した1件の犯罪に関与しており、当局はその背後に大規模な組織があるとみている。

 「確実により多くの人間が検挙されるでしょう」というデイビス巡査部長。ベテラン巡査の度肝を抜いた改造車の詳細もいずれ判明することになりそうだ。

 日本では『SPY×FAMILY』のアニメもはじまり、スパイに対する関心が高まりを見せたり見せなかったりだが、アメリカではリアルでスパイ系デバイスが犯罪用に使われちゃってるところが、恐ろしくもあるわけなんだな。

References:wftv / written by D/ edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

スパイ仕様の犯罪専用改造車が摘発される。ボタン1つでナンバープレートが反転、燃料吸い上げる装置も