俳優の林隆三さんが4日、都内の病院で腎不全のため亡くなったと、NHKが9日に報じた。70歳だった。

 林さんは東京都出身で、1966年、俳優座養成所を15期生として卒業した後、舞台やテレビドラマ、映画などで活躍。1977年には、映画『竹山ひとり旅』で主演を務め、鬼気迫る演技で主人公三味線の名手を演じ、第1回日本アカデミー賞主演男優賞を受賞した。

 また、NHK大河ドラマ徳川慶喜』や『利家とまつ』などに出演したほか、1984年には『ピアノ・マン』をリリースし、全国規模でのコンサートも開催。幼少期を仙台で過ごしたという林さんは、東日本大震災の後、被災地を舞台にした映画に出演し、出演料を被災地に寄付するなど復興活動も行っていた。

林隆三さん(12年11月撮影)