有吉弘行パーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」6月5日(日)の放送は、アシスタントマシンガンズの西堀亮と新宿カウボーイの石沢勤を迎えてお送りしました。


(左から)石沢勤、有吉弘行、西堀亮


番組冒頭、有吉が「プロレス界では、けっこう昔から生意気なことを言って団体を辞めていくヤツがいるんですよ〜」とプロレスの話を切り出します。有吉いわく、彼らはギャラやマッチメイクが気に入らず、“自分はもっとできる”“チャンピオンになれる器だ”などと豪語して所属団体を飛び出していくものの、「そういうとき、大体のファンはこう思うんですよ。“お前はそこまでの器じゃないよ”って」とチクリ。

例えば、ジャイアント馬場さんがいた「全日本プロレス」を飛び出し、アントニオ猪木さんがいた「新日本プロレス」に移籍するも、数年後には馬場さんに頭を下げて出戻りを懇願する選手もいたエピソードを語り、「そういう選手に、馬場さんは『次はもう裏切らないでね』って言うわけ」と有吉。

しかしその後、再び団体を飛び出していくこともザラにあったりと、プロレス界は選手の出入りが激しいものの、団体側はとても寛容で、出戻りに対しても許してあげる風潮があると説明したうえで「今はそんな気分です(笑)」と告白します。

というのも当番組では毎月、有吉が所属する太田プロの後輩芸人が月替りでアシスタントを担当するのですが、今月は2020年5月に太田プロダクションを飛び出してフリーなった石沢が担当することに。石沢は、開口一番「どうもすみませんでした! 新宿カウボーイの石沢です! 恥を忍んで戻ってまいりました!」と謝りながら挨拶。

その態度に有吉は大笑いしながら「やっぱりこっちの水は甘く見えたか?」と尋ねると、石沢は「甘く見えましたね〜。フリーを考えている人は踏みとどまってください! フリーは稼げません!」と現状を吐露。

これに有吉は「稼げる人もいるんだよ(笑)!」と笑顔でツッコみ、「お前らは(フリーになるのが)早かったんだよ」と指摘しつつ、久々の石沢との絡みがうれしい様子。

そんなやり取りでひと盛り上がりしたところで、続いては西堀がターゲットに。有吉は「石沢に話を聞いてさ、そろそろ西堀も考えてみてもいいんじゃないか? 太田プロから1回抜けてもいいんじゃないか?」と西堀をフリーにさせようと動き始めます。

これに西堀は「(フリーを)勧める先輩なんているんですか!? 嫌ですよ!」と即答。しかし、諦めない有吉は「門戸は開いておいてやるから。石沢だって別に毛嫌いするわけでもなく“戻っておいでよ”ってことだから」と懐柔しようとすると、石沢からは「御大は本当にやさしい!」との声が。

それでも西堀は頑として拒み、「石沢たちは自分でフリーになったからいいじゃないですか。でも『お前、フリーでやってみろよ』っていうのはまた違いません?」と正論を吐くも、有吉は「プロレスでは、そういうのもあるのよ。もう抱えきれない選手を『待遇は良くしてあげるから、ちょっとフリーでやってみなよ』って(笑)」との言葉が。これに西堀は「“抱えきれない”って言っちゃった……クビじゃねーかよ!」とツッコミを入れます。

その後も有吉は、現在は漫才協会に所属している石沢に、太田プロ退所後の状況を深掘りしようとすると、「ちょっと待って! なんで(石沢に話を聞いて、俺を)フリーにしようとするんですか!」と話す西堀に、「フリーにならないといいけどな〜、いてくれよ、太田プロ(笑)」と茶化し、笑いが止まらない有吉でした。

<番組概要>
番組名:有吉弘行SUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリアTOKYO FMをのぞくJFN全国24局ネット
パーソナリティ有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリAuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
「フリーは稼げません!」太田プロを退所した後輩芸人の叫びに、有吉「お前らは早かったんだよ」