メイン画像

この先のポイントは「真夏のような蒸し暑さ」。東北南部では今年初となる35℃以上の猛暑日の所も。熱中症に要警戒。また、24日(金)頃は、東北北部の日本海側を中心に大雨の恐れ。低気圧や前線の動きに注意。

【前半】24日(金)頃は大雨の恐れ

今週末は梅雨前線が一気に東北北部へ北上し、いきなり梅雨本番の大雨になる可能性があります。
24日(金)頃は、低気圧や前線の動き次第では、東北北部の日本海側を中心に大雨の所があるでしょう。最新の見通しでは、雨のピークは24日(金)の午後で、局地的に雷を伴って雨脚の強まる恐れがあります。また、風が海上を中心に強まり、日本海側の海上では波の高くなる所がありそうです。強風や高波に注意して下さい。その後も東北北部では雨が降りやすく、少しの雨でも土砂災害などに注意が必要です。

一方、東北南部は蒸し暑い空気が流れ込み、山形市仙台市福島市では30℃以上の真夏日の日が多いでしょう。湿度も高く、雨が降る日は不快な暑さになりそうです。こまめに休憩や水分をとり、熱中症には十分に注意して下さい。また、農作物や家畜の管理にも注意が必要です。

【後半】東北南部は晴れる日が多い 福島では猛暑日も

画像B

東北北部と東北南部で天気が分かれるでしょう。
東北北部は曇りや雨の日が多く、日本海側を中心に雨の降る日が多い予想です。
一方、東北南部は7月4日(月)にかけて、晴れ間の広がる日が多くなりそうです。ただ、気温が上がる午後は内陸や山沿いを中心に、にわか雨や雷雨の可能性があります。特に福島県では、栃木県茨城県との県境を中心に発達した雨雲が流れ込む恐れがあります。局地的な大雨に注意が必要です。

この先は、山形市福島市では連日30℃以上の真夏日が続くでしょう。特に福島市では、うだるような暑さとなり、2日(土)は35℃以上の猛暑日となりそうです。炎天下での無理な運動は控え、水分補給はスポーツドリンクなどでミネラルや塩分もとるようにして下さい。
また、夜間でも気温の高い状態が続きそうです。枕元にペットボトルの水を用意しておくなど、寝ている間の熱中症にもお気を付け下さい。

東北2週間天気 24日頃は局地的な大雨に注意 来週には今年初の猛暑日か