米Amazon6月22日(現地時間)、米ロボットメーカーKiva Systems買収10周年を記念する公式ブログで、同社初の完全自律型倉庫ロボットProteus」(ギリシャ神話の海神「プロテウス」由来)を発表した。

【その他の画像】

 Proteusは、同社が開発したナビ技術を使ってフルフィルメントセンター内を自律的に移動し、同社の荷車「GoCart」に搭載された荷物を運搬する。決められたルートを往復するのではなく、例えば従業員が進行方向にいれば避けて通る。移動中自分の前方に発信する緑色の光線を障害物が遮ると感知するようだ。公開された動画(記事末に転載)では、バッテリーが減ってくると自分で充電ポートに接続する様子も紹介されている。

 同社はまた、新しいロボットアーム「Cardinal」(枢機卿由来か鳥の名前由来か不明)も披露した。こちらは、AIとコンピュータビジョンで荷物の山から目的の荷物を選別し、持ち上げてラベルを読んでGoCartに積む作業を担う。最大約23キロの荷物を持ち上げられる。2023年中に一部のセンターで展開する計画だ。

 さらに、「Amazon Robotics Identification」(AR ID)も発表。これは現在従業員が手動で行っている荷物のラベルバーコードスキャンを自動で行うロボットだ。

 現在は従業員がカートから棚に荷物を移す際にハンドスキャナでバーコードスキャンしているが、棚の横にあるAR IDシステムに荷物のバーコードを見せながら棚に移すだけでスキャンが完了する。これで荷物を両手で持てるようになり、怪我のリスクが減るとしている。

 米メディアReCodeは17日、独自に入手したというAmazonの内部調査資料には、2024年までに米国のフルフィルメントセンターの雇用が不足し、サービス品質が危険になると書かれていたと報じた。

従業員とすれ違うProteus