代替テキスト
6月3日、佳子さまは産経児童出版文化賞の贈賞式にご出席 /(C)JMPA

6月12日、「東京都障害者ダンス大会」に出席された佳子さまは、会場からの呼びかけにも手を振り、常に満面の笑みをお見せになっていた。

お帰りになる前には、出演者と懇談され、「練習の成果がすごく出ていて、とても楽しかったです」と、久々のご交流を楽しまれているようだったという。

コロナ禍ダンススクール通いも控えられているそうです。久々にライブダンスをご覧になって、佳子さまにとっても有意義なご公務だったのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト

この2日後、佳子さまが日本工芸会の総裁に就任したことが発表された。このポストは、2016年6月から2021年10月まで、姉の眞子さんが務めていた。

「結婚を機に総裁の職を離れた眞子さんに代わって就いていただくよう、今年3月に団体側から『願い出』が出されていました。

眞子さんが同職にあったときに、佳子さまは工芸会側からのご進講に複数回にわたって同席しておられました。ご公務も増えていますし、昨今の“お仕事が少ないのでは”という批判も、払拭することにつなげられるでしょう」(宮内庁関係者)

秋篠宮ご夫妻も、佳子さまのご活動が増えることに、期待をかけられてーー。

「眞子さんと小室圭さんの結婚問題や、悠仁さまの筑波大学附属高校への『提携校進学制度』を利用した進学に、世論は強い反発を示し、秋篠宮家への国民の支持は大きく揺らぎました。

皇族方はコロナ禍での外出を控えてこられましたが、最近の感染状況を考慮し、お出ましも増やせるようになってきました。

かつて“フィーバー”と言われるほどの人気を集めた佳子さまが、マスコミの前に姿を現す機会を増やされることで、秋篠宮家のイメージ回復につながると、秋篠宮ご夫妻もお考えになられているのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

■NYで“ご姉妹タッグ企画展”も可能に

秋篠宮家人気回復の“顔”になるという期待を一身に背負われつつ、佳子さまは姉と関わった“工芸”に思いを込められてきた。

2017年8月に眞子さんと同席して受けられたというご進講では、大英博物館の日本美術学芸員が説明しています。日本の工芸品が持つ実用的な“美”には、欧米の人々から根強い人気があります。

先月まで、工芸会に所属する人間国宝が手掛けた作品を集めた展覧会がイタリアで開かれていました。その盛況ぶりに、佳子さまも関心を寄せられていると聞いております」(前出・宮内庁関係者)

ニューヨークへ渡り、メトロポリタン美術館への就職が囁かれている眞子さんだが、夫の小室さんは司法試験を7月に控える身だ。

「総裁は、“名誉”とつく肩書のポストとちがって、『日本工芸会総裁賞』の選定にも関わるほか、実質的な団体の運営にも携わります。当然、日本の工芸品を海外で紹介する企画展などにも深く関わることができます。

企画展のために海外へ工芸品を貸し出すことに携わり、メトロポリタン美術館で日本美術関連の仕事を行う眞子さんをサポートすることも、今後は可能になるでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト

NYで暮らす眞子さんを支援することは、佳子さまご自身が抱かれている願いとも無関係ではない。

「眞子さん以上に、佳子さまは“皇室脱出願望”が強いと言われてきました。2019年に、佳子さまが宮内記者会からの質問に答える形で公表された『大学ご卒業に際しての文書回答』でのコメントは、その願望が滲んだものだったのです。

小室夫妻の結婚に関する質問に、『私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています』と記され、またお相手についても言及を拒まれたのです。佳子さまが“結婚は自由に!”という意思表示をされたとして、大きな波紋が広がりました。

さらに眞子さんの結婚に対して国民の反発が広がったことに、佳子さまは心を痛められてきました。だからこそ、“祝福されて結婚したい”というお気持ちを佳子さまはより強められたと言われています」(前出・宮内庁関係者)

今も不安定さを見せる眞子さんの生活を、秋篠宮さまご夫妻も案じ続けられている。皇嗣家に近い宮内庁関係者はこう語る。

「秋篠宮ご夫妻も、現地総領事館にバックアップを水面下で依頼されるなど、眞子さんを心配し続けてこられました。佳子さまも、現地メディアが小室夫妻への取材を続けているということに、『姉が気の毒で、悔しくて涙が出た』と語られていたと報じられたこともありました。

一方で、総裁への就任で眞子さんの支援も佳子さまが担うことが可能になりました。秋篠宮家のイメージアップも同時に実現することで、皇嗣家のなかでの発言力を強め、ご結婚の自由を勝ち取りたいともお考えなのだと思います」

“皇室脱出”の悲願実現に向けて、佳子さまの深謀遠慮が幾重にも張り巡らされているのかーー。