イメージ画像

画像はイメージ

たとえ仕事に不満があっても、簡単に転職に踏み切れない事情があるようだ。手取り18万円で暮らす30代前半の男性(静岡県メーカー系/派遣社員/未婚)は、

「現在1人暮らし。全然貯金もできないし、ガソリン代も高くて生活費が毎月圧迫状態。転職はしたいけどまた給料が下がるのは……」

と複雑な胸中を吐露する。たしかに収入アップのために転職したのに、かえって状況が悪化しては意味がない。ほかのキャリコネニュース読者の投稿も見ていこう。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「転職先が決まるのかという不安の方が大きい」

手取り18万円、年収およそ200万円のパート勤務の男性(北海道/30代前半/流通・小売系/未婚)も、「職場の雰囲気も合わないので転職が頭をよぎるが、転職先が決まるのかという不安の方が大きい」とこぼす。

「とはいえ今の職場で将来的に昇給できるかも不透明。初めての転職が今の会社で、現在はパート契約になっている。のちのちは正社員にという話はされているものの、本当にしてもらえるのかだとか、なによりも職場の人たちの性格が自分とは合わない」

在職中に転職先を見つけることでリスクを減らせるはずだが、男性は「なんとか生活はできているので、まだしばらくは様子見かと思っている」と当面の結論を出していた。

「給料が少ないためスーツなども買えず、転職活動ができない」

商社系の仕事をしている20代前半の女性(正社員/未婚)は手取り14万7000円、年収およそ250万円で、

「かなり少ないと感じております。食費などを切り詰めて、なんとか毎月生きている感じです」

と生活苦を嘆く。「将来給料が上がるとも思えない」という理由から、女性は転職を希望しているが、

「給料が少ないためスーツなども買えず、転職活動ができておりません」

と語った。スーツ代を貯めるのが難しければ、現職で使っている仕事着で活動するのもありかもしれない。ファストファッションや中古品から探せば、数千円でスーツを手に入れることもできる。知人や家族に借りてもいいだろう。どうにかして女性が一歩踏み出せるといいのだが。

手取り14.7万円、転職したいけど「スーツも買えず、転職活動できない」と語る20代女性