トルコで歯科治療を受けた女性は施術後、酷い痛みと炎症に悩まされ、施術から10週間後には顔半分が腫れてしまった。女性は自身の顔の動画をTikTokに投稿し「私と同じ間違いは絶対しないで!」と呼びかけている。『The Daily Star』などが伝えた。

英・北アイルランド出身のアマンダ・ターナーさん(Amanda Turner)は今年4月、「ハリウッドスマイルを手に入れたい」とトルコ最大の都市イスタンブールにあるクリニックKARAT DENT」で、約468000円(2809ポンド)をかけ歯科治療を受けた。

しかし帰国後の10週間は悪夢との闘いで、アマンダさんは今月22日、TikTokに右頬が大きく腫れた顔で登場し、自身を映画『エレファント・マン』の主人公にたとえ「絶対に私と同じことはしないで!」と涙ながらに訴えた。

アマンダさんが受けたのは根管治療で、根管内を殺菌・洗浄して封鎖し人工歯冠を取りつけるもので、施術後しばらくすると患部が炎症を起こして腫れ始め、酷い痛みに悩まされた。

アマンダさんはイギリス歯科医抗生物質や痛み止めを処方してもらったが、薬を飲んでも炎症は治まらず、薬の治療は6コースにも及んだ。

そうして施術から10週間後、下唇からこめかみまでの感覚がなくなり、喉が腫れて緊急外来を訪れた。病院では歯茎を切開して膿を取り除いたが、「炎症が治まらない限り、私たちができることは何もない。もしかしたら唇の感覚はずっと戻らないかもしれない」と言われたという。

アマンダさんはトルコでの施術以来、しっかり食事も摂れていない状態で「トルコで何をされたのかは分からないけど、顔の感覚が戻らないほど怖いことはないわ。腫れは日に日に悪化し、歯の神経が痛くて仕方ないの。特に歯を抜いたところね。イギリスの医師は腫れが引かないと何もできないというし、本当に精神的に参ってしまったわ」と泣きながら語り、「歯の問題を解決するためにトルコに行ったのに、逆に大きな問題を抱えてしまった」と肩を落とした。

一方でトルコのクリニックは連絡をしても一切返事がないそうで、アマンダさんは「後悔しても始まらないけど、時間を戻せるなら戻したいわ。これから治療を受ける人は私と同じ間違いを犯さないで!」と注意喚起した。

なおアマンダさんのTikTokには、「トルコでの失敗例はよく聞くよね。なぜイギリスで治療しなかったの?」「50万円近く支払ったのにこの結果?」「自業自得」といった声があがるも、励ましの言葉が多数届いているそうで、アマンダさんは温かいエールに感謝の言葉を述べている。またロンドンのローナ・エスカンダー医師(Dr. Rhona Eskander)と根管治療の専門家チームが治療を約束してくれているそうで、今はその日を心待ちにしているという。

画像は『Amanda Turner 2022年6月2日TikTokFinally in June…」、2022年4月20日TikTokThis is how I was left all last week no temps on」、2022年6月22日TikTok』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト