カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 AIが地獄から化け物を召喚した、とでもいうのだろうか?単語を入力するだけで、それにマッチした画像を自動生成する人工知能DALL・E 2」は、そのクオリティの高さが話題となっているが、誰にでも簡単に遊べる簡易版的な「DALL・E mini」はSNSで人気となっている。

 ネット上にはイギリスコメディアン男性が、深夜2時ごろ、不気味な響きがする英単語をひらめいだ。これまでに存在しない造語である。

 DALL・E miniにその単語入力し、そのまま眠りについたそうだが、朝になって仰天した。AIが、毒々しいモンスターを次々と誕生させていたという。

【画像】 AIが次々と実体化させた悪夢のクリーチャー

 イギリスコメディアン、ガイ・ケリー氏が思いついた単語は「Crungus(クランガス)」である。この単語は辞書には乗っていないし、神話や伝承にも登場しない。ケリー氏が思いついた恐ろしい響きを持つ造語だ。

 俗語専用のオンライン辞書「Urban Dictionary」には、「長期間放っておかれた伸び放題の爪の下にたまるカスやバイキン」などと紹介されているが、基本的に、ケリー氏がひらめいた怪物っぽいだけの音だ。

 ケリー氏はそれを画像生成AIジェネレーター「DALL・E mini」に深夜に入力したところ、朝には大量の悪夢のクリーチャーが実体化していたのだ。

[もっと知りたい!→]AIは既に意識を獲得している可能性をOpenAIの研究者が指摘

Crungus(クランガス)造語を思いついたら、こんなやばい奴らが召喚されてた。なんでどいつもこいつも同じ奴なんだ。クランガスは実在するのか? 未知のUMAを発見しちまったのか?

一体何でAIは似たような怪物を次々と生み出したのか?

 いったいなぜこんなことに? その理由は定かではないが、あるユーザーは、ヨーロッパ中部に伝わる怪物「Krampus(クランプス)」に音が似ているからではないか?と指摘している。

 だが、それとは関係がなさそうだ。なぜなら「DALL・E mini」にKrampu(クランプス)と入力すれば、クランプスそのものが生成されるからだ。

 ケリー氏によると、クランガスに一番似ているのは、米国のヘヴィメタバンド「GWAR」のボーカルウランガス(Urungus)だという。「-rungus」という接尾辞や、「uh・uh」という音の繰り返しが関係するという指摘もある。

・合わせて読みたい→白馬に乗った宇宙飛行士?希望のワードを入力するだけでその通りの画像を生成する脅威のAIが誕生

OK 「-rungus」に関係があるはずだ。Qrungus、Wrungus、Rrungusなんかで試してみたが、どれも似たような化け物が生成される。Trungus以外はどれも同じような感じだ。以下はQrungus、Wrungus、Erungusu、Rrungusの結果だ

 そもそも -rungusという音がなぜ怪物に結びつけられるのかも不明だが、兎に角この「Crungus(クランガス)」という文字を「DALL・E mini」に入力すれば、他の文字と組み合わせても必ず恐ろしい化け物が登場する。

 Twitterではすぐに拡散され様々な反応があった。更には「DALL・E mini」を使って、新たなるクランガスが次々と生成されていった。

クランガス...偶然じゃないのは間違いない

かわいいクランガスを作ろうと思ったけど、あんまかわらんかった

あんた、何て秘密を暴いちまったんだ!

ああ、確かにこれはやばいな。クランガスが買い物に行く(Crungus goes shopping)で生成してみた

ヴァルプルギスの夜に子供を攫って喰っちまったら不快に思うだろう。だがコメディってのは、愉快にするものだろう?

AIは闇の秘密を暴いてしまったのか?

 恐ろしくも楽しい結果だが、このことは機械学習AIを問題解決に利用する研究者が、その仕組みをほとんど理解していないという現実を物語っている。

 「DALL・E mini」がクランガスから化け物を生成する背後には何か理由があるはずなのだが、それは正確にはわからない。

 あるいは本当に知ってはいけない闇の秘密を暴いてしまったのかもしれない。「クランガスは人間界の隣にある異世界の住人かもしれない」と、ケリー氏は言う。

人間は傲慢にも思考する機械を作り出そうとした。その結果、世界の境界に穴が開いて、追い払うことができない何者かを招き入れてしまったのではないだろうか?

References:Nothing To Worry About: Dall-E Has Created A New Cryptid Named Crungus | IFLScience / written by hiroching / edited by / parumo

 私もなぜ、こんな毒々しいクリーチャーがAIによって召喚されてしまったのか考えてみたのだが、 「クランガス」に響きが似ている単語に「cringe(クリンジ)」がある。これは実際にある英単語で、「縮みあがる、身がすくむ、ドン引き」などの意味があるので、この辺ちょっと関係していないだろうか?

 あと、カラパイア(Karapaia)も私が作った造語なのだけど、どんな画像が生成されるのだろう?おらワクワクしてきたぞ。

追記(2022/06/25)

そこでDALL・E miniに「karapaia」と入力してみた。こうなった。

名称未設定-2

 海と青い空、船のイメージなのか!そこで、不思議と謎の大冒険というサブタイトルも挿入し、「karapaia Adventure Mystery」でやってみた

 何かそれっぽい感じにはなってきたぞ!

3

 ということでみんなも色々入れてやってみるといいよ

追記(2022/06/26)DALL・E 2とDALL・E miniが混同していたので訂正して再送します

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

ありもしない造語でAIに画像を作成させたところ、悪夢のクリーチャーを次々と生み出した件