生後5か月の時に保護された子猫は目の奥に腫瘍があり、幼いながらも2度の手術を乗り越えてきた。その後すくすくと成長し2歳になった猫は、口の周りにあるユニークな模様のおかげで常に笑っているような表情で過ごしている。Instagramで多くの人を虜にしている猫について『Metro』などが伝えた。

ケンタッキーオーエンズボロ在住のケリー・ディウィーズさん(Kelly DeWeese、46)は2020年6月、ランニングをしていた際に小さな子猫を見つけた。ケリーさんは「1週間前に母親を亡くしたばかりで、ランニングを始めようと思ったんです。その日は確か2回目のランニングで、走っていたら子猫が私の目の前に出てきたのです。そこには背の高いトウモロコシが並ぶ広大な畑があり、子猫がどこからやってきたのか見当もつきませんでした」と当時を振り返った。

ノミだらけで目を開けることもできずに弱っていた子猫を見捨てることができなかったケリーさんは家に連れて帰り、翌朝に地元の動物病院で診てもらうことにした。“キャリコ・スニッカーズ(Calico Snickers)”と名付けられた生後5か月の子猫は複数の薬を投与されたが、くしゃみが止まらず鳴き声を上げることもできなかったという。そして4週間後に車を約2時間走らせて、ルイビルにある専門医のもとで治療を受けることになった。

診断の結果、スニッカーズは目の奥にポリープがあることが判明し、それを取り除くため2度の大手術を行うことになった。最終的に診察代や治療費などで約7000ドル(約95万円)もの費用がかかったそうだ。ケリーさんは「スニッカーズおもちゃを取ってきたりテレビをみたりするのが好きなんですよ。自分が保護されたことを理解しているようで、それを幸せに思っているみたいです」と引き取った後のスニッカーズの様子を明かした。

そんな幸せを体現するかのように、三毛猫スニッカーズは顔の作りや口周りの模様のおかげで常にニッコリと笑っているような表情をしている。口元には口角がぐっと上がっているかのように黒い1本の線が入っており、すまし顔をしていても微笑んでいるかのような表情に見えるのだ。

ケリーさんは「スニッカーズは最高の生活を送っていますよ。Instagram用の写真を撮ろうとすると、まるで人間のように変なポーズを取るんです。カメラが大好きみたいで、カメラを向けるとジッと目線を送ってくれて、自分の姿を見るのも好きみたいですよ」と笑って明かした。ケリーさんはスニッカーズ専用のInstagramアカウントに多数の写真を投稿しており、スニッカーズは様々なポーズを取りながらもその表情は常に笑顔を保っている。

このユニークスニッカーズの表情はたちまち注目を集め、コメント欄には「なんて可愛いの!」「この子は完璧だね」「最高の笑顔だ」「今まで見た猫の中で一番可愛いよ」といった声が届いており、スニッカーズの虜になった人が数多く見られた。

画像は『Kelly DeWeese 2022年5月22日Facebook「Look Mom, even my toes smile at you」』『Snickers 2022年6月21日Instagram「Morning friends, happy Tuesday from Mom & Me」、2022年6月18日InstagramCaturday Vibes!!」、2022年6月1日Instagram「Morning!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト