画像イメージ

画像イメージ

キャリコネニュースには、手取り20万円以下の読者から、厳しい生活を訴える声が途切れることなく届いている。IT・通信系の会社に勤める20代前半の男性(神奈川県/正社員/未婚/年収250万円)は手取り17万円。男性は、

「彼女と同棲しているため、なんとか生活はできている。2人とも生活が破綻しないように気を遣う必要がないくらいには手取りが欲しい」

とギリギリの生活を語り始めた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「賃貸契約の更新もできるか」と考えて辟易する日々

投稿を見る限り、生活に必要な支出をどうやって彼女と分担しているのか、家計管理を誰がやっているのかは不明だ。ただ、現状は「やりくりがうまくいっている」とは言い難く、男性は、

「料理する時間が少ないため、作り置きせず食事はコンビニなどの外食中心。1食1000円のごはんだけでも贅沢って感じる感覚のため、最近の値上がりにはかなり参ってる。学生時代の奨学金や借金の返済に充てるため、もらった給料は諸々の支払い後、食費や交際費で翌給料日前にはなくなる」

と嘆いた。なんとか自炊の回数を増やしたいところだろうが、目の前の支払いや日々の生活で手一杯な様子がうかがえる。

また男性は、自身の収入や会社の業績について感じていることを次のように語った。

「身体を壊す直前くらい残業すれば、余裕を持った給料になるが、プライベートの時間が取れず精神的に参る。かといって残業なしの場合も、手取りが少なく精神的に参る」

「会社の業績がコロナの影響により悪化傾向にあり、今年は夏の賞与をあてにできそうになく、今は賃貸契約の更新のためのお金が準備できるか考えてて辟易としている。払えても貯金がなくなるため、将来が心配」

“その日暮らし”といっても過言ではない、ギリギリの生活。賃貸契約の更新料さえ準備がままならないのは危険な状況といえる。将来、残業しなくても余裕が持てるくらいの昇給があるといいのだが。

手取り17万円の20代男性「1食1000円でも贅沢って感じる。値上がりには参る」