カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 片足を上げて10秒立っていられるかどうかで、中高齢者の死亡リスクがわかるという。

 イギリスブリストル大学の研究グループが発表した『British Journal of Sports Medicine』(査読済み、2022年6月21日付)によれば、片足で10秒立てない人は、今後10年以内に死亡するリスクが2倍になるそうだ。

 体のバランス機能をはかる片足上げテストは、高齢者の定期的な健康診断として有用であると研究者らは述べている。

【画像】 片足を上げて10秒間立つバランステスト

 そのやり方はこうだ。

前をまっすぐ見つめ、手は体の横に降ろす。片足を上げ、反対の足のふくらはぎに付けたら10秒カウント

左右どちらの足でもよく3回までチャレンジ可能

 もしこれをやって、10秒間立っていられなければ要注意だ。10年以内の死亡リスクは2倍になるという。

 年をとれば誰でも体が衰えるが、身体機能によって衰え方には違いがある。有酸素運動能力・筋力・柔軟性と違い、バランス機能は60代まではきちんと保たれるが、それ以降急速に衰え始めるという。

 ところが健康診断でバランス機能がチェックされることはあまりない。その要因は、標準的な検査法がないことにくわえ、確かなデータが乏しいことも関係するようだ。

・合わせて読みたい→脱水状態もわかる。尿の色で健康状態をチェックする尿色診断表

 そこで今回の研究グループは、バランス機能の検査で、10年以内に死亡するリスクを知ることができるか確かめてみることにした。

 本当に信頼できる死亡リスクの指標ならば、健康診断に含めるだけの価値がある。

2

photo by iStock

中高齢者を対象にバランス機能を測定

 分析対象となったのは51~75歳(平均61歳)の約1700人。ほぼ3分の2が男性で、全員が安定して歩くことができた。

 彼らは全員、1994年から実施されているCLINIMEX運動コホート研究(体力と健康などとの関係を調べた研究)の参加者である。

 今回の調査では、体重・皮下脂肪・ウェストサイズの計測とあわせて、片足で10秒間立っていられるかどうかが検査された。

[もっと知りたい!→]長時間労働が死に至る病に。世界保健機関(WHO)が新たなる研究結果を報告

 この時、浮かせた足はついている足のふくらはぎにつけ、手は体の横に降ろし、視線は真っ直ぐ前を見る。また3回までどちらの足でもチャレンジできた。

片足で立てない人ほど死亡率が高いことが判明

 その結果、5人に1人が失敗。失敗率は年齢が上がるほど上昇し、特に51~55歳以降になると失敗する割合が5歳上がるごとに倍増した。

 51~55歳で片足立ちできない人は5%ほど。それ以降は56~60歳は8%、61~65歳18%、66~70歳37%弱と増加し、71~75歳になると半数以上(54%)が検査をパスできなかった。

 検査後、平均7年間のモニタリングが行われたが、この間の死亡率は7%。死因はがん(32%)、循環器疾患(30%)、呼吸器疾患(9%)、新型コロナ合併症(7%)だった。

 検査をパスできた人とできなかった人との、死因の違いや時間的な傾向についてははっきりしない。しかし両者の死亡率は4.5%対17.5%で、13%の差がある。統計的にも有意な違いであるという。

 全体的に見て、検査に失敗した人たちは、肥満・心疾患・高血圧高脂血症を患っている割合が高いなど、健康状態が悪かった。また2型糖尿病の罹患率は3倍も高かった。

 こうしたデータに加えて、年齢・性別・基礎疾患をあわせて考慮すると、片足で10秒立てない場合、死因や性別を問わず、今後10年以内に死亡する確率が約2倍(84%)も高まるという。

4

photo by iStock

中高年の死亡リスクの指標になる可能性

 この研究では、片足で立てないと死亡リスクが高まる原因までは特定されていない。また参加者全員が白人のブラジル人であるため、他の国や人種でも当てはまるのかどうかもはっきりしない。

 また、バランス機能に影響を与える要因としては、転倒歴・運動量・食事・喫煙・薬物なども考えられるが、今回の調査でこれらが検証されていないという限界もある。

 それでも研究グループは、片足10秒立ち検査は「中年以降の男女の死亡リスクについて有用な情報を与えてくれる」と結論づけている。

 ということで、簡単にできるので是非お家のおじいちゃんおばあちゃんお父さんお母さんにやってみてもらおう。

 とは言え、高齢者が1人で片足バランステストを行うと転倒してしまう恐れがあるので、必ず誰かに付き添ってもらい、バランスを崩したときに寄りかかれるよう、壁やしっかりしたテーブルの近くでおこなうように、とのことだ

References:Inability to stand on one leg for 10 seconds | EurekAlert! / written by hiroching / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

片足だけで10秒立てない人は、10年以内の死亡リスクが2倍になるという研究結果