「普通の人生を失いました」「でも、結婚や出産を諦めたわけではない」早稲田卒・元AV女優(22)が語る、引退後に感じた心の変化 から続く

 早稲田大学在学中にAV女優としてデビューした渡辺まお(22)。2020年12月には「文春オンライン」でのインタビューにも応じ、AV女優としての意気込みを語っていた。しかし、今月突然の引退を発表し、名前も神野藍(じんのあい)に改名した。第一線で活躍してきた彼女はなぜAV女優をやめたのか――。

 AV女優をやめた経緯や家族との関係性、AV新法に思うことなど、詳しく話を聞いた。(全3回の3回目/最初から読む)

◆◆◆

性産業のハードルがすごく下がっているなと感じる

――先日AV新法が成立しました。年齢性別を問わず、映像を公表した日から1年間は無条件で契約を解除し、販売や配信の停止もできるなど、出演強要の被害に遭った人を救済する法律ですが、この一連の流れをどう見ていましたか。

神野 Twitterで議論されていましたけど、もう少し多くの人の声が反映されているとよかったのかなと思いました。たくさんの方が声をあげていましたけど、嫌でやめた子の声って届きづらいじゃないですか。

 今、AV女優として活動している人は、AV女優という仕事をいいと思っている人が大半だと思いますが、辛くてやめていった人の中にはAVをよく思わない人もいて。大事なのはやめていった人たちの声だと思うんです。その辺りをもう少し汲み取ってくれたら良かったと思いますね。

 それと業界ともっと話し合うべきだったとも思います。AV新法が成立してから現場で混乱が起きているのも事実ですし、現場で判断するのはAV側なので、国側と齟齬があるのは問題だと思っています。

 でも、出演を辞退したい人が申請できるのはすごく良いことだと思いますね。国が介入することで、少しでも被害を少なくしていってほしいです。

 ただ、国がどれだけ取り締まっても、抜け道を探す悪い業者もたくさんいると思うんです。それにお金がないなら性産業に就けばいいと思っている人がたくさんいますが、本当ならばその判断に至るまでに、行政の助けが入るのが健全な社会であると思っています。

――性産業の入り口は広くなっている気がします。

神野 そうですね。最近私にも怪しいDMが来るんです。「TikTokYouTubeの撮影1本20万です。エロインフルエンサーになりませんか」って。

セックスをするわけではなくて、少し露出した格好で動画を撮ったり、えっちな動きをするだけです」って謳ってるんですけど、そんな甘い話はないですし、実際は怪しい同人AVや無修正の撮影だったということもあります。もちろんそうでなくてもデジタルタトゥーは残りますし、契約の取り消しができなかったり、支払いがちゃんとされなかったりということも多いです。性産業のハードルがすごく下がっているなと感じるので、そういうのは気をつけて欲しいですね。

――AV新法の議論から、Twitterなどでは本番ありのセックスをする是非についても言及されていました。

基本的に挿入の有り無しはメーカー側が決めること

神野 新法の議論で話題にもなったのでお伝えすると、現場では擬似の性行為は結構ありました。実際には挿入せずに、モザイクや角度を工夫して実際に挿入しているかのように撮影しているんです。ただ、挿入がないとはいえ、それまでの前戯はやりますし、なんなら最初の挿入シーンは実際に挿入して撮影するんですよね。

 その違いだけなんですが、擬似か本番かで、ギャラは数万円変わります。なので、基本的に挿入の有り無しはメーカー側が決めることが多いですが、挿入している方が良い絵をとれるということもあって本番が絶対という現場もあります。

 その一方で製作費を少しでも安く抑えたい場合などは擬似となる場合もあります。AVの撮影は体力的にも大変なので、その日のコンディションに応じて、挿入のありなしがもっと自由に選べるようになったら良いのかなと思います。どこまでリアルを追求するか、AVはあくまでもAVでしかないので、コンテンツを制作する側も考えなければいけない事なのかなと思います。

――たしかにAVでの性行為を現実と勘違いし、そのまま鵜呑みにしてしまう危険性も言われていますよね。

神野 最初の頃は割といろんなコンテンツに出演していたんですけど、最後の半年は「レイプ」系は拒否していました。演技だとわかっていても怖くて痛くて。実際にやられた方の気持ちは想像もできないです。これを続けていても誰のためにもならないと思って、そういう企画にはNGを出していました。

 そういうことをコンテンツとしてファンタジーに落とし込むのってどうなんだろうって。誰も幸せじゃないなって思いますね。

「AVはいいよ! おすすめだよ」って絶対に勧められない

――これからAV女優としてデビューしたいと思っている人に何か伝えたいことはありますか。

神野 AV女優ってキラキラしていたり、すごく楽しそうな毎日を送っていると思われがちなんですけど、SNSで見せているのは一部分でしかないので。他の仕事同様、辛い時もありますし、悩むこともあります。

 売れる人はごく一部です。作品を世の中に出しているので、デジタルタトゥーも残ります。お金もすごくもらえるわけではないです。

 だから、私は「AVはいいよ! おすすめだよ」って絶対に勧められないです。もちろん私自身、AV女優をやっていたことは後悔していないし、AV自体が悪いとは思っていないですが、よく考えて欲しいです。入ってみたら、思っていたことと違うってことはあるので、そういう時に、自分だけで抱え込まずに、周りに相談できる環境があるといいと思います。

 あとはやめた後どうしたいかってことを始める前に考えておくべきだと思います。自分がいくらAVに誇りを持っていても、AVをよく思わない人はたくさんいますし、将来の選択肢が狭まるのも事実だと思うので。その部分を楽観的に考えるのは危険だと思いますね。

 AVに依存しすぎないというのも大事だなと実感しました。一般的な仕事よりはお金がもらえますし、ある程度時間の融通も効くので、若い時からその世界に入ってしまうとそこから抜け出せなくなるんですよね。だからこそ、AVをやりつつも仕事から一定の距離を取っておくことも重要だと思いますね。

――神野さんは現在は会社員として働いているとのことですが、引退前から引退後の仕事については考えていたのでしょうか。

これからは私だから発信できることを伝えていきたい

神野 そうですね。昨年の夏頃から引退後どうするかについては考えていました。自分の中に「一度会社に属して働いてみたい」という思いがあったので、その方向で就職先を探していました。幸いにも周りに恵まれていたので、働ける場所をいただいて。今は、平日は毎日仕事をさせていただいています。

 元AV女優ということで制限されることもなくはないですが、その中で自分のやりたいことをやっていけたらと思っています。これからもやりたいことをやるためにひたむきに努力していきたいと思っています。

――ちなみに職場の方は元AV女優であることを知っているのでしょうか。

神野 トップにいる方以外は知らないと思います。今はリモートで仕事をしているので、直接顔を合わせることもないですし、飲み会もないので。不思議に思っている方はいるかもしれないですが、直接何か言われたりとかはないです。いい職場に巡り会えました。

――最後にこれからの目標は何でしょうか。

神野 これからは私だから発信できることを伝えていきたいと思っています。名前も変えて心機一転、これまでやってこなかったいろんなことに挑戦しながら、自分の可能性を伸ばしていけたら嬉しいです。

 そして今までは忙しくてあまり目を向けられなかったんですが、プライベートも充実させていけたらと思っています。これからも神野藍を応援していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします~! 

写真=石川啓次/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

「渡辺まお」改め「神野藍」