もし、エレベーターと床の隙間から鍵やスマホなどの所持品を落としてしまったら、あなたはどうしますか? けっこう隙間の幅があるので、鍵が手から落ちると、スルリと隙間に入ってしまいそう。

隙間から落ちた物はどこに落ちるのか?

エレベータの保守・メンテナンス専門会社として知られている京都エレベータ株式会社が、隙間から落ちた物はどこに落ちるのか? 落ちたらどうすればよいのか? そもそも落とさないためにはどうすればよいのか? ……などを解説する動画を公開しています。

管理会社に拾ってもらうのが正しい対応

エレベーターと床の隙間から物が落ちると、ピットと呼ばれている底に落ちるのだそうです。エレベーターが上下移動する空間の一番下がピットと呼ばれているようです。隙間から物が落ちてしまった場合、エレベーターに掲示されているエレベーターの管理会社に連絡をし、スタッフに拾ってもらうのが正しい対応のようです。

隙間より大きなキーホルダーを付ける

また、物を隙間から落とさない方法として、鍵の場合は隙間より大きなキーホルダーを付けるなど、物理的な対処をすれば良いようです。確かに、隙間より大きなキーホルダーを鍵につければ落ちようがありません。

勝手にピット等に入らないように

今後、エレベーターの隙間から物を落としてしまうことがあるかもしれません。そんなときは焦らず、まずはエレベーターの管理会社に連絡し、絶対に勝手にピット等に入らないようにしましょう。


※冒頭画像はフリー画像サイト『写真AC』よりエレベーターイメージ

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

エレベーターの隙間から鍵を落とすと「どこに落ちるのか」判明