日本の文芸において「なろう系」「異世界転生」をテーマにした作品が人気を集めるようになって久しい。しかし、ジャンルそのものの誕生や爆発的ブームになった契機までを知る人はそう多くないだろう。はたして「なろう系」「異世界転生」はなぜこれほどまで多くの読者に受け入れられるジャンルとなったのか。

 ここでは、出版産業、マンガに造詣が深いライターの飯田一史氏の著書『ウェブ小説30年史 日本の文芸の「半分」』(星海社新書)より一部を抜粋。長いあいだ別物と思われてきたウェブ小説ライトノベルとみなされはじめる時期の動向を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

なろう系専門の「ライトノベル」文庫レーベルヒーロー文庫の衝撃

 2012年最大の出来事はなろう系専門「レーベル」が誕生し、判型が「文庫」だったこと、それが「ライトノベル」として認識されたことだ。

 9月末に主婦の友社ヒーロー文庫が創刊され、第1弾として渡辺恒彦『理想のヒモ生活』、赤雪トナ『竜殺しの過ごす日々』を刊行。ヒーロー文庫は創刊から数年にわたって重版率100%を達成(*1)、新刊の初版部数が漸減傾向にあった既存のラノベレーベル編集者と読者に少なからずなろう系を意識させることになった。創刊から約1年後には全国紙にも登場している。

*1 拙稿「重版率100%の「ヒーロー文庫」」、「新文化オンライン」、新文化通信社(https://www.shinbunka.co.jp/rensai/netnovel/netnovel05.htm

〈 ヒーロー文庫(主婦の友社)の編集者、高原秀樹さんは、日本で最大級の投稿小説サイト「小説家になろう」の作品をこれまでに約300点読み、6作品を書籍化している。いずれも1冊あたり5万部以上の売れ行きという。「投稿サイト発の小説は人気が高い」と話す。「書籍として出版したいなら、新人賞に応募するより、サイトに投稿するほうが近道かもしれない」と指摘する。

「みんなの○○:ネット小説 書籍化 1話目を全力で工夫」、「毎日新聞2013年8月21日朝刊〉

 ヒーロー文庫は何が画期的だったか。

 それまで小説家になろうArcadia発の異世界ファンタジー作品だけを集めて刊行する「レーベル」は、2010年創刊のアルファポリスの女性向けレーベルレジーナブックス(とはいえレジーナイーストプレスのレガロシリーズ同様、投稿サイトではなく個人サイト発の作品もあった)や2011年創刊のフェザー文庫を除けば存在していなかった。

ラノベ界になろう系の存在を注目させる先行者

 アルファポリスの男性向け作品にしろ、『まおゆう』やこの年に丸山くがねオーバーロード』を刊行開始したエンターブレインにしろ、たとえ編集者・編集部が同一でも「レーベル」として毎月定期刊行していくスタイルではなかった。基本的にはそれぞれ個別の作品として読者や書店に捉えられていた。

 ヒーロー文庫創刊とその熱烈な支持は、「レーベル化」されるくらいなろう発の作品が「ジャンル」として顕在化し、まとめてアピールすることが「ウリ」になるほど機が熟したことを意味する。

 刊行形態が「文庫」だった点も見逃せない。この当時、ラノベの主戦場は文庫であり、その読者は10代がボリュームゾーンとされていた。対してアルファポリスやエンターブレイン、レガロシリーズをはじめ(ケータイ小説を除くと)ウェブ小説の書籍化は四六判またはB6判ソフトカバーで展開していた。

 書店ではこれらの単行本の棚の場所は文庫ラノベとは別の「一般文芸」棚の中かそれに近いところに置かれ(書店や時期によってはゲーム攻略本棚などの近くにもあったが)、購買層には社会人が多かったために「ラノベとは別物」と認識されていた。2010年代初頭から、講談社ノベルスなど売上が減少し続けていた新書サイズの小説の棚や一般文芸の棚をリプレイスしてウェブ小説書籍化作品の棚ができることも少なくなかったが、ノベルスなども中核的な読者は大人だ。

 ところがヒーロー文庫は「ライトノベル」の「文庫」として刊行することで棲み分けを崩した。正確には2011年創刊のフェザー文庫がなろう書籍化をする文庫レーベルとして先行していたが、フェザートラブル多発によって成功を収めたとは言いがたく、実質的にヒーローラノベ界になろう系の存在を注目させる先行者となった。

はたらく魔王さま!』や『ソードアート・オンライン』『魔法科高校の劣等生』は電撃文庫の新人賞応募作家がウェブで書いていた作品を刊行したもので、「電撃文庫ラノベ新人賞)の新人」という情報のほうが先に立っていた。

 しかしヒーロー文庫は「なろう発」のほうが先に立つ文庫レーベルであり、イラストがあり口絵と挿絵があるラノベフォーマットを踏襲していた。そしてなろうでは著名でもラノベ業界では「無名の新人」が次々にヒットを飛ばしていった。この衝撃が翌2013年以降に既存のラノベレーベルを擁する版元からのなろう書籍化ラッシュをもたらす。

一気に増えた転生・転移もの

 ヒーロー文庫創刊もあって、この頃から転生・転移ものの書籍化が一気に増える。たとえばArcadiaからなろうに移籍し、2015年TVアニメ化を機に爆発的なヒット作となったむちむちぷりりんこと丸山くがねの『オーバーロード』、やはりなろう連載でアルファポリスから刊行され、同社が自ら2016年ゲーム化した金斬児狐『Re:Monster』などがこの年刊行された代表的な異世界ものだ。

 この『Re:Monster』を書籍で買い、続きが読みたくてなろう版を読み始め、触発されて趣味として小説を書き始めた書き手のひとりが理不尽な孫の手である。秋山瑞人イリヤの空、UFOの夏』に影響を受けた彼はラノベ新人賞に3年ほど投稿し、あきらめて2年経ったころに『Re:Monster』と出会い、かつて新人賞に応募した作品を元に書いた『無職転生』で2013年10月から2019年2月までなろうの全作品の中の累計ランキング1位に君臨することになる(*2)。『涼宮ハルヒの憂鬱』のフォロワーだらけだった2007年ごろに新人賞に投稿された『無職転生』(のプロトタイプ)に当時のラノベ業界は見向きもしなかったが、『無職転生』は2010年代には『ハルヒ』並みにラノベ界の潮流を変えたなろう系の代表的な作品になった。

*2 「ニート異世界で人生を生き直す、「異世界転生」小説のパイオニア」、「ダ・ヴィンチ2021年2月号、KADOKAWA、20頁

 2012年刊行の作品では、個人サイトで活動していた人気作家・糸森環の女性向けファンタジー(転生・転移ではない)『花術師』(双葉社、4月刊)もこの年の重要作だ。糸森は同年5月から角川ビーンズ文庫から書き下ろし作品『花神遊戯伝』シリーズを刊行するようになる。これもヒーロー文庫創刊と並んで「ウェブ小説」と「ライトノベル」との垣根の揺らぎを象徴する出来事だった。

エブリスタのプロ利用作品『武装中学生』とマンガも売れた『奴隷区』

 エブリスタはこの年、何があったか。

 スクウェア・エニックスの人気RPGファイナルファンタジーシリーズに携わってきたシナリオライター野島一成が『武装中学生 バスケットアーミー』の小説を公式サイトとE★エブリスタに連載を開始し、スピンオフの岡本タクヤ武装中学生2045‐夏‐』が2012年エンターブレインファミ通文庫から、本編は2013年エンターブレインから単行本にて刊行している。この作品はマンガGyaOで配信したショートアニメオーディオドラマと、クロスメディア展開された。

 特徴的なのは、一般ユーザーによるイラストや短編小説も募集したことだ。公式で同作の世界観をベースにした短篇小説を募集するコンテストが行われ、その投稿媒体としてエブリスタが使われた。

エヴァ』の二次創作だった『福音の少年』や『Wizardry』の二次創作だった『迷宮街クロニクル』の書籍版は著作権法違反を回避するために設定を改編して本にしていた。対して『武装中学生』は著作権者が公式で二次創作を募集した。『武装中学生』のコンテストは「優秀作品を書籍化する」と謳っていたものの本にはならなかったが、2016年KADOKAWAが作った小説投稿サイト・カクヨムにおいて公式で『ゼロの使い魔』などの二次創作が許諾されたことに数年先行していた(もっとも、1990年代にもオンライン小説の読者参加型企画が存在していたが)。

 なお、2013年には米国Amazon.comKindle Worldライセンスを取得し、同社サイト上でカート・ヴォネガットの世界観やキャラクターを使用した二次創作小説の電子書籍販売ができるようになっている。ウェブ電子書籍上のCGMを使って公式で二次創作UGCを集めてコンテンツ/IPの盛り上げを狙う試みが日米で行われたことになる。

 ただ、日本ではマンガでも小説でも「公式アンソロジー」(著作権者が許諾して複数の作家が手がけた二次創作の商業出版物)は当たり前に存在しているにもかかわらず、なぜかウェブ電子書籍発の二次創作UCGに関しては紙の本にて「公式アンソロジー」として書籍化された例はまれだ。ヒットしたものはほぼ皆無である。ウェブ小説の多くが「先行作品のお約束を踏まえた上でアレンジして書く」「お約束を分かった上で読む」という、ある意味では二次創作的な感覚で読み書きされていることを思えば、おもしろくもふしぎな点である。

原作小説よりマンガ版の方が売れる時代へ

 エブリスタのことに話を戻すが、同サービス発でこの年に刊行されたヒット作といえば、なんと言っても『奴隷区』だ。

 岡田伸一『僕と23人の奴隷』が3月に双葉社から刊行され、コミカライズや文庫版は『奴隷区 僕と23人の奴隷』と改題、アニメ化・実写映画化に至った大ヒット作品である。

『奴隷区』や『王様ゲーム』のマンガ版は、書籍化された小説以上の部数を叩き出した。筆者がこの話を双葉社から聞いたのは2013年のことだった(*3)。

*3 拙稿「双葉社 出版基準は「わかりやすく、エグいもの」」、「新文化オンライン」、新文化通信(https://www.shinbunka.co.jp/rensai/netnovel/netnovel03.htm

 そもそも小説のマンガ化自体がライトノベル発を除けば少なかったが、原作小説よりマンガ版の方が売れることは、ウェブ小説書籍化以前にはほとんどなかった。それが『王様ゲーム』『奴隷区』などに続き、2010年代中盤以降にはなろう系異世界ものが書籍化した単行本よりコミカライズの方が部数が多いことは珍しくなくなっていく。

 つまり2010年代前半に「ウェブで読者に支持される作品(企画)は、マンガでも売れるタイトルになりやすい」という性質が発見されたのだ。マンガウェブ小説同様に「売れたもん勝ち」「人気作品こそがおもしろい」という価値観が、一般文芸と比べると読者にも作家にも比較的浸透しているという共通点がある。

 もっともラノベもそうであるはずなのに、文庫ラノベマンガ版がなぜ2000年代までは原作より売れなかったのかの理由は判然としない。コミカライズクオリティが上がった、2010年代に起こったマンガアプリ電子書籍台頭以前/以後ではコミックス流通や認知のされ方が違う、といったあたりが理由だろうか。

文芸市場の半分は「ウェブ発」の書籍が占める時代に…!? 市場縮小が進む文芸界で“ラノベ界隈”が見据える未来とは へ続く

(飯田 一史)

©iStock.com