東京メトロが6月末をもって車内フリーWi-Fiサービスを終了しますが、東武鉄道も特急やライナー列車を除いてすでに終了しています。広がりつつある車内Wi-Fiサービスの終了、今後はどのようになっていくのでしょうか。

アーバンパークライン60000系はサービス継続

東武スカイツリーライン東上線などで使われる通勤形電車では、ライナー列車以外でも一部で車内フリーWi-Fiサービスが提供されていました。具体的には60000系電車(アーバンパークライン)のほか、東京メトロ東急電鉄に乗り入れる50000型電車(スカイツリーライン)と50070型電車(東上線)です。

しかし最近、直通電車の車内においてスマートフォンなどの端末がWi-Fiを認識しなくなりました。理由を東武鉄道に聞いてみると、6月上旬の時点で、フリーWi-Fiサービスは終了済みとのことでした。

Wi-Fiサービスの廃止対象は、座席指定列車「TJライナー」に使われる50090型を除く50000系シリーズの全車両。理由については費用的な要因としています。なお、東京メトロ日比谷線へ直通する座席指定列車「THライナー」や特急列車、先述の60000系では、現時点でサービス終了の予定はないとのことです。

東京圏の公共交通機関におけるWi-Fiサービスは、東京メトロが6月末をもって車内での提供を終了すると発表しています。また2021年11月末には、都営バスも終了しました。2社局はその理由を「提供事業者との契約期間満了によるもの」としています。

公共交通機関におけるWi-Fiサービスは、主に東京オリンピックパラリンピックを見据えた訪日外国人観光客のニーズに応えようと、2010年代から導入されてきました。鉄道やバスのほか一部のコンビニエンスストアでもサービス終了の動きがあり、街なかのフリーWi-Fiが今後どのような変遷をたどるか見ものです。

東武鉄道が提供するフリーWi-Fiのロゴ(画像:東武鉄道)。