このほどカナダで暑い日に子供用の小さなプールで水遊びをしていた犬が、家に入った途端に大量の水を吐いて急死した。悲嘆に暮れる飼い主がプールで遊ぶ愛犬の元気な姿をSNSに投稿し、同じく犬を飼っている人に向けて水遊びに潜む危険性を訴えた。『PetsRadar』などが報じている。

カナダブリティッシュコロンビア州に住むジェシー・ウィネガーさん(Jesse Winnergar)が15日、水中毒によって急死したボーダーコリーの愛犬“ウィンター(Winter)”の最後の元気な姿をTikTokに投稿し、犬を飼う人々にこう伝えた。

「私の可愛いウィンは、水深10センチ程度のベビープールで1時間遊んだことによる水中毒で、先週末に亡くなりました。暑くなるこの時期、犬の水中毒の危険性について知って欲しいのです。」

動画は青い子供用プールに入り、冷たい水ではしゃぐ18か月になるウィンターの姿を捉えたものだ。

プールは小さなプラスチック製で、ウィンターは浅くはられた水を掻いてみたり、口を付けるなどして楽しんでいる。

その様子はいたって元気で、どこにも異常は見られない。ところが1時間程度水遊びをした後、疲れた様子のウィンターは家に戻ると水を大量に吐き、そのまま急死してしまったのだ。

ジェシーさんによると、ウィンターは子供用プールで水しぶきを上げるのが大好きで、昨年の夏も何度も同じように水遊びをしていたそうだ。しかし今回は「水遊びが命取りになってしまった」として、ジェシーさんはこのように振り返っている。

「私の親友も巻き込んで水遊びをしていたのですが、休憩している時にウィンターが疲れている様子に気づきました。ただ暑い日に遊んだ後では、ボーダーコリーにとって普通のことです。」

「それにウィンターが私のところにやってきた時、歯茎の色がいつもより少し青白かったんです。これは私が医療現場で働いているために、わずかな変化に気づいたのだと思います。」

ウィンターの呼吸は息切れをしたように速く、家に戻りたがったので中に入りました。そして家の中に入って数歩進むとウィンターが大量の水を吐き、すぐに何かがおかしいと思いました。」

「さらにウィンターは倒れて震え始め、よだれを垂らして弱々しく鳴き始めたのです。」

すぐに救急動物病院に連絡したジェシーさんだったが、ウィンターの状態は瞬く間に悪化し、15~20分ほど獣医が蘇生を試みたものの息を引き取ってしまったそうだ。

少し前まで元気だったウィンターの身に、何が起こったというのだろうか。獣医のジョアンナ・ウッドナット博士(Joanna Woodnutt)は、ウィンターを死に至らしめた「水中毒」について以下のように説明している。

「水中毒は、新鮮な水を大量に飲み込んだ時に起こります。この水は体内に吸収され、体内の電解質のバランスを崩す原因となります。」

ナトリウムは電解質の一種で、生体機能の維持に不可欠なため普段は注意深く管理されています。しかし水の過剰摂取によりナトリウム濃度が突然低下すると、水中毒の症状が現れるのです。」

「(ウィンターの死は)非常に残念ですが、水中毒の発生は非常に稀であることを覚えておいてください。多くの犬にとって、水泳は関節への負担を軽減しながら健康的に運動でき、この季節に涼をとるのにも最適な方法ですからね。」

「もしあなたの犬が水遊びが好きだったり、泳いでいる時に水をたくさん飲み込んでしまうようであれば、体調を崩すほど水を飲んでしまうことのないように水遊びは10~15分程度にとどめておきましょう。」

「水遊びをしていた犬が急に元気がなくなり、ふらついたり、吐き気をもよおしたり、お腹を下したりしたら、すぐに近くの動物病院に連絡を入れて連れて行ってください。このようなケースは時間との闘いなので、たとえ犬が回復していたとしてもすぐに動物病院へ行くのがベストです。」

ジェシーさんは動画を通じて犬の水遊びの危険性に注意を促したものの「人々を脅す意図はない」といい、「犬をよく観察し、水遊びの間に十分な休憩をとるようにしてほしい」「ウィンターは私が出会った中で最も美しく、愛情深く、遊び好きな犬で、多くの人に惜しまれ、愛されています。永遠に私たちの心の中にいることでしょう」と話している。

画像は『jesssayyw 2022年6月15日TikTokThis is heartbreaking to share but this was right before Winter passed away.」、2022年6月14日TikTok「always in my heart」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト