茨城県を中心に展開する書店・川又書店に掲示された「1冊の窃盗被害を埋めるためには、同じ本を30~50冊売らなくてはなりません。万引きによる窃盗被害は、地域書店の存続と働く私達の生活を脅かします。」と記されたポスター2022年5月26日ツイッター上に投稿されると、大きな反響を集めた。

川又書店
掲示されていたポスター
 書店における万引きによるダメージが大きいことは周知されていたが、それでも具体的な数字を示されると、改めてその損害の大きさを気付かされる。

 電子書籍が普及してはいるが、それでも“町の書店”は私たちの生活費必要不可欠である。書店を追い込む万引きの実態を知るため、川又書店を運営する株式会社ブックエース取締役金子直記氏に話を聞いた。

1冊の利益率は約2%…万引きのダメージは大きい

 まず、万引きが与える損害について、改めて語ってもらおう。

「一般的に1冊の本の利益構造は、原価に加えて人件費や水道光熱費クレジットカード電子マネーなどの決済手数料、家賃、その他運営費など様々な販売管理費がかかり、それを差し引いて残る利益は約5%となります

 現在、当社はTSUTAYAのFC本部とともに書店が持続可能な事業になるよう、利益改善に取り組んでいます。そのため、先述した費用に加えて本社コストなども差し引くと利益率は約2%です。他の小売業界も同様ですが、その1~2%のために日々努力しています。

 手元の利益を2%と仮定すると、万引きによって商品を失った場合、取り戻すためには50倍の売り上げが必要です。仮に1000円の品物の利益率が2%の場合、利益は20円となります。1000円分の品物の損失を取り戻すためには、50倍の売り上げが必要になるのです」

被害が多いのはコミック、ビジネス書

 具体的な利益率を聞くと、「1冊の窃盗被害を埋めるためには、同じ本を30~50冊売らなくてはなりません」という言葉がどれだけ重たいのかがより深く胸に刺さる。加えて、書店だけでなく他の小売業界でも万引きがもたらすダメージは深刻である。

 もちろん万引きは犯罪であり、刑法第235条により、10年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科せられる。「万引き=軽い犯罪」という認識は改めなけれないけない。

万引きされやすい本のジャンルは…

万引き
画像はイメージです(以下同じ)
 次に万引きされやすい本のジャンルについて聞くと、「被害金額、冊数ともにコミックが1番多いです」と語った。

「次にビジネス書です。ビジネス書は1冊の単価が高いものが多いので打撃が大きいです。また、残念ながら児童書の割合も高くなっております」という。児童書が狙われるようになった背景として、「万引きされた児童書の中には定番のものも多いです。このことから『転売に使用されているのではないか』と推測しています」

 転売という言葉が出たが、フリマアプリの普及により、一般人が気軽に商品を販売できるようなった時代背景も、万引きキッカケを与えたのかもしれない。

 金子氏も「警察庁の『令和2年の刑法犯に関する統計資料』によると、年々若年層の検挙人員数は減少しています。成人が単独で大量に高額の商品を狙い、フリマアプリなどへの転売目的という悪質な犯行が昨今増えているように感じています」と答えた。

警察と連携して予防と対策を強化

 もちろん書店側としても“やられっぱなし”というわけにはいかない。川又書店以外にも書店を展開しているブックエースでは、どうやら警察と密な連携がとられているようだ。

「『警察の方々と協力関係を築くことは大変重要である』と考えております。犯罪の予防を前提とした万引き対策プロジェクトを設け、全5回にわたる研修の全店実施を予定しており、すでに8店舗で実施しました。

 万引きが発覚した際には、各地域の所轄の警察と連携し、被害届の提出の徹底や職務質問の協力、捕捉時には損害賠償請求まで行うことを決めております。さらには店舗で発見された不審者の情報も共有し、店舗で不審者が発見された際には職務質問をしてもらいます」

なかには付録を抜きとる行為も…

犯罪 手錠

 そして、最後に「万引き行為は窃盗行為であり犯罪です。会社の利益を左右する大きな問題であると考えております」と万引きに対する気持ちを口にした。

「最近では、商品に同封されているシリアルコードなど、付録のみを抜き取る行為も見受けられますが、この行為も万引き行為と同様のものと感じています。今回の取材が書店のみならず、社会全体の万引き撲滅に繋がるキッカケになると嬉しいです」

「令和2年の刑法犯に関する統計資料」によると、検挙数は平成23年101340人)から令和2年度(51622)と半分近くに減少した。とはいえ、直接的な関係はないにしろ、全国の書店数も減り続けているのが現状だ。改めて万引きがもたらす損害を広く共有する必要があるだろう。

<取材・文/望月悠木 編集/ヤナカリュウイチ(@ia_tqw)>

【望月悠木】

フリーライター。主に政治経済社会問題に関する記事の執筆を手がける。今、知るべき情報を多くの人に届けるため、日々活動を続けている Twitter:@mochizukiyuuki

掲示されていたポスター