特にここ数年で人口が増えたと言われるオンラインゲームバーチャルな空間で、いろんな人と交わりながら繰り広げられる世界は、非現実的で魅力的ですが、その分トラブルも潜んでいる場合もあります

 今回は、そんなトラブルを体験した男性の話を紹介します。

Twitterのプロフに美人女性の写真が

 現在、フリーランサーとして生計を立てている芳樹さん(仮名・26歳)。金融システム系のシステムエンジニアという分野で活躍していて、大学で学んだ知識を存分に生かしているそうです。在宅勤務ということもあり、趣味の時間も充実しているといいます。

「僕は仕事以外の時間では、だいたいオンラインシューティングゲームをしています。いわゆるFPSファーストパーソン・シューティングゲーム)ですね。時間が許されれば友達を誘って永遠とゲームをしています(笑)

 そんな中、いつものようにLINEで友達を誘った芳樹さん。しかし、この日は忙しいらしく、断られてしまったそうです。仕方なくTwitterゲーム垢を始動し、ネット上でのゲーム仲間を探すことにしました

ゲーム友達とのLINE
※画像は取材を元に編集部とライターにて作成(以下同じ)
Twitterで検索をかけると、美人な女性の自撮り写真が使用されたプロフィールが目に入ったんです。美人なうえに、ゲームも上手。これは仲良くなる以外の選択肢はないと思い、ダメ元で『一緒にゲームしませんか?』とDMしたんです」

ゲームを通して打ち解ける2人

 美人ゲーマーに誘いのDMを送ってからしばらくしてオッケーの返事をもらった芳樹さん。なんと、そのメッセージにはLINEのIDまで書かれていました。それ以降、2人は時間を合わせてゲームを楽しんだそうです。

「まさかLINEを教えてもらえるなんて思ってもみなかったんです。お互いに暇な時間があれば誘い合って、一緒にゲームするほど彼女とは意気投合しましたゲームの以外でも、たわいのない会話を交わしたりして、日常生活においても大きな存在の一人になっていったんです」

 ただ、付き合っているわけでもないので、芳樹さんは極力ゲーム関連以外のLINEは控えようと思っていたそうですが、自撮りの美人サムネが頭をよぎり、ついついゲーム以外の話題も時々するようになったそうです。

LINE

「たぶん、時間がたつにつれ、自分の彼女だという錯覚に陥っていたのかもしれません。でも、嫌われたくなかったのでかなり自制はしたんですよ」

愚痴ツイートに感じた心当たりの正体とは

 そんな日々が続き、2人の距離は縮まっていったように感じた芳樹さん。ところが、ゲーム垢を始めてしばらくたった頃、Twitterタイムライン上の知らない人のゲームプレイ動画に目が止まりました。

「その動画をなんとなく見ていたのですが、そのプレイスタイルが美人ゲーマーに似ていると思い、なんとなくツイートを見たんです。すると、かなりの愚痴がつぶかれており、なんとも攻撃的な人だろうという印象を受けました」

 その人のツイートを何気なく見ていると「昨日のキモ男とのLINE。調子乗っててウケるwww」というメッセージに反応した芳樹さん。

「なんか嫌な予感がしたんです。それで、ツイートをよく見てみると、LINEスクショが貼ってあって、なんと僕とその美人ゲーマーとのトーク画面だったんです!

ネットの怖さを知ったことで…

 驚いたことに、その美人ゲーマーは別のアカウントで、芳樹さんへのグチをこぼしていたのです。

「2人はイイ感じだと思い込んでいたので、その事実を知った時にはとってもショックでした。青天の霹靂(へきれき)というか、なんか一瞬にして奈落の底へ突き落とされたような感じだったのを覚えています」

LINE

 その後、何とか気を取り直した芳樹さんは、例のツイートスクショを添付した無言LINEをその美人ゲーマーに送り、LINETwitterブロックしたそう。女性との出会いから裏側発覚までの一連の流れを振り返りネットの恐ろしさを肌身で感じた芳樹さん。その反動により、ゲーム自体からも退くこととなりました。

「そのおかげか今では稼業であるフリーランスに専念できるようになりました。女性が自分のことを愚痴ってくれたことで生活がより豊かになったとも言えますね(笑)ネットと私生活との距離はほどほどであるべきだと気づかされました

 インターネットで生まれる危なっかしい人間関係。あなたの身近なところにも潜んでいるかもしれません。

TEXT/ダイフク>

【ダイフク】

ライター。我流の筆跡鑑定にハマっているバツイチシングルマザーというカテゴリーに属しています!