油淋鶏定食

バーミヤンでボリューム満点な肉料理を充実させた「祭り」が開催されていることをあなたはご存知だろうか。そんな「肉マシ定食」を食べると、暴力的すぎるウマさに衝撃が走って…。

【写真】「ギルティ」な揚げ物がギッシリ…


画像をもっと見る

■肉尽くしの定食がズラリ

バーミヤンメニュー

6月23日から7月13日まで、「肉マシ!! てんこ盛り祭2」が開催されている。春に実施された第一弾では、餃子24個と400グラムの大盛りご飯の「ギガ餃子定食」が大きな話題を呼んだ

今回も、油淋鶏ユーリンチー)や餃子、チャーシューなど肉づくしのメニューがそろった。油淋鶏の大判からあげが2倍になった「肉マシ! W油淋鶏&本格焼餃子定食」(1,099円)、ラーメンチャーシューを8枚のせた「DX(デラックス)チャーシュー麺」(1,099円)、餃子12個とチャーハンの「W焼餃子&チャーハンセット」(769円)の3種類だ。


関連記事:いくらでも食べられる… 業務スーパーの「鶏皮ぎょうざ」が肉厚ジューシーで最高

■とんでもないボリューム

前回ギガ餃子定食を平らげた記者も、第二弾の祭りに参戦するため、6月下旬、都内のバーミヤンに足を運んだ。どのメニューも魅力的で迷ったが、最もインパクトを受けた 「W油淋鶏&本格焼餃子定食」をオーダー。

油淋鶏定食

待つこと数分、運ばれてきた料理を見て驚いた。皿にぎっしり敷き詰められた油淋鶏、焼き餃子6個、400グラムのてんこ盛りご飯、ザーサイテーブルに乗るギリギリの量だったからだ。

これは前回の祭りより破壊力上だぞ…。

■量がとんでもなかった…

油淋鶏

一瞬、ボリュームに圧倒されたが、まずは目玉である油淋鶏からいただく。外はカリカリでよく揚げられていて、中はジューシーな鶏もも肉が詰まっている。

ユーリンチ

1切れがかなり大きいが、甘酢しょうゆとネギでさっぱりしていて食べやすい。特盛ご飯との相性も抜群で、ご飯にバウンドさせながら食べ進めていく。

ご飯

このご飯が見た目以上に大きな丼に詰まっている…。続いて、焼餃子を食べる。

餃子

バーミヤンの餃子は皮がもちもちで、肉汁がたっぷり入っていて相変わらずおいしい。餃子と油淋鶏をこんなに食べられるのは幸せだ。


■後半には「味変」も

油淋鶏

上に乗った油淋鶏を食べると、下から同じ量がでてきた…。さすがにお腹が膨れ始め、味付けにも少々飽きてきた。

ごまだれ

そこで、油淋鶏についてくる特製ゴマソースに付けて食べることにした。濃厚なゴマだれにラー油が入っていて、ピリッとした味付けだ。

さっぱりした甘酢にほどよい刺激が加わり、失速していた食欲に再び火がつき、なんとか完食。揚げ物たっぷりだったが、変に胃がもたれることはなかった。

今年は各地で魅力的なお祭りがあるが、まずはバーミヤンの「ギルティすぎる」祭りに参加したほうがいい。

・合わせて読みたい→バーミヤンで値下げメニューを食べつくしたら… 退店時に受けた感動の「サプライズ」

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

バーミヤンで今だけやってる「肉マシ祭り」の破壊力 マジで食いきれない…