LightSpeed Studiosは、武侠アクションゲームCode: To Jin Yong』を発表した。

 発売日、対象プラットフォームは未定。

 『Code: To Jin Yong』は、香港の小説家・金庸(Jin Yong)氏武侠小説シリーズを原作としたアクションゲーム

 詳細は不明だが、金庸氏の小説に登場するヒーロー主人公にしており、オープンワールドが採用されているという。またグローバルのリリースが予定されている。

武侠アクションゲーム『Code: To Jin Yong』が発表_001
(画像はYouTubeより)
武侠アクションゲーム『Code: To Jin Yong』が発表_002
(画像はYouTubeより)
武侠アクションゲーム『Code: To Jin Yong』が発表_003
(画像はYouTubeより)
武侠アクションゲーム『Code: To Jin Yong』が発表_004
(画像はYouTubeより)
武侠アクションゲーム『Code: To Jin Yong』が発表_005
(画像はYouTubeより)

 開発しているのはテンセント傘下で、これまで『Apex Legends Mobile』や『PUBG MOBILE』を手掛けたLightspeed Studiosが担当している。

 Unreal Engine 5によって開発されており、公開されたトレーラーでは、映画『グリーンデスティニー』や『HERO』のようなワイヤーアクションを使ったような幻想的な武術の動きを再現している。

 こうした華麗な舞のようなアクションがどのようにゲームの操作方法として取り入れられるのか気になるところ。またオープンワールドゲームということなので、今回のトレーラーに登場した寺院以外の風景がどのように広がっているのか、今後の続報を楽しみにしたい。

YouTube『Code: To Jin Yong』はこちら開発のLightspeed Studios公式Twitterはこちら