画像イメージ

画像イメージ

結婚してから夫や妻の借金が発覚する、という話は珍しくないだろう。キャリコネニュースアンケートの回答には、お金が関係することで「離婚したくなった」という夫婦のエピソードが寄せられている。

※キャリコネニュースでは「離婚したいと思った瞬間」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/NQTLY3J8

「そのかわり、会計は別々にしました」

「お互い公務員」だという60代の女性(栃木県/年収300万円)は、当初、世帯の会計係は夫だったという。しかしあるとき、衝撃の事実が判明した。

ひょんなことから、貯金はゼロということが発覚。離婚どころか殺してやりたかったけど、何事もなかったように暮らしています。そのかわり、会計は別々にしました」

またの50代男性(福岡県/ITエンジニアシステム開発・SE・インフラ/年収500万円)は、

「独身時代に友人にちょっと借金しててゆっくりと返金していたのだが、別の友人夫婦が家に遊びに来た時に、借金の件を責めまくられて人の立場とかを考えられないのがわかった」

と明かす。ゆっくりとは言えきちんと返済しているのに、なにも友人の前で責めなくても…という悔しさはあっただろう。男性は、吐き捨てるように

「元々、僕と結婚したいのではなく美人の同僚より早く結婚してマウントしたかったからそういう配慮すら持たなかった女だった」

と妻に対する憤りを綴っていた。

夫に会計係を任せた結果、「貯金ゼロ」に 「離婚どころか殺してやりたかったけど……」と語る女性