特定の年代層が無自覚に使用しがちな「おじさん構文」を筆頭に、独特な口調や言い回しを説明する際に用いられるのが「○○構文」なる呼び名。

ツイッター上では現在、運転中に突如現れた「あの構文」が話題となっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】私も大好きです!


画像をもっと見る

■あまりに奇妙すぎる…

今回注目したいのは、ツイッターユーザー・まじんさんが投稿した一件のツイート

「走ってたら電光掲示板が変わってた! メフィラス星人…」という意味深フレーズの使用された投稿には2枚の写真が添えられており、道路沿いで目にする「交通情報板」の様子が確認できる。

熊本県警

赤・緑オレンジの3色を基調としたお馴染みの電光表示のはずなのだが…こちらには「安全運転 私の好きな言葉です」「あおり運転 私の苦手な行動です」という、なんとも奇妙な標語が表示されていたのだ。


関連記事:ある雪の日、祖母から届いたLINEに衝撃走る 明らかに只者じゃなかった…

■ネット上で大人気の構文

ツイートを見てピンと来た人も多いかと思うが、これらの表示内容は現在公開中の映画『シン・ウルトラマン』に登場する外星人第0号メフィラスの独特な言い回し、通称「メフィラス構文」のパロディ

熊本県警

劇中で日本のことわざなどを引用した際、「私の好きな言葉です」や「私の苦手な言葉です」と最後に付け加えるメフィラスの様子が絶妙にシュールであること、また「二郎系、私の好きなラーメンです」「35℃、私の苦手な気温です」といった具合に、基本的にどのような話題のワードとも組み合わせても改変可能という汎用性の高さから、同構文は多くの人々に愛されているのだ。

なお、前出のツイートは投稿からわずか数日で1万件以上ものRTを記録しており、「これはセンスが良すぎる」「もう乗っ取られてるじゃん…」といった反響の声が多数寄せられている。

そこで今回はこちらのユニークメッセージを詳細について、熊本県警察本部 交通部 交通企画課に詳しい話を尋ねてみることに。すると「今後の構想」まで匂わせる、思わずニヤリとしてしまう回答が得られたのだ…。

■やはりこの県警、ノリノリである

2013年から、県民の交通安全に対する意識の高揚や交通死傷事故抑止を図るため、熊本弁や流行語を取り入れた交通情報板による「臨機応変」で「効果的」かつ「タイムリー」な交通安全啓発活動を推進している熊本県警。

つい先日も、大人気作品『機動戦士ガンダム』の某キャラクターをオマージュした交通標語で注目を集めていたことは記憶に新しい。

前回に引き続き、今回も「幅広い年齢層に届く内容であること」を最初に意識したそうで、交通企画課の担当者は「5月下旬に、映画『シン・ウルトラマン』が男女問わず人気があると耳にし、実際に鑑賞してみたところ、大人も子供も楽しめる内容であったことから、何かしら交通安全に通じる言葉がないか検討を開始しました」と、決定までの経緯を振り返っている。

熊本県警

なお、最終的には県警内の他部署に勤務する同僚から提案されたアイデアが原案となり、部内で検討を重ねた結果、「安全運転 私の好きな行動です」「あおり運転 私の苦手な行動です」の標語が爆誕したという。

担当者からは「部署の垣根を越えてアイデアを提供してくれた同僚に感謝すると共に、ウルトラマンの世界ではありませんが、違う立ち位置にいる者同士が助け合うことの大切さを感じた瞬間でした」という粋なメッセージも寄せられており、思わずホッコリしてしまう。

なお、組織内部の決裁時は特に問題なかったようで「スムーズに掲載にこぎつけています」という補足も見られた辺り、やはり熊本県警はユーモアに寛容であると認めざるを得ない…。


■今回もビッグサイズな「匂わせ」が…

「『シン・ウルトラマン』に出てくるような巨大生物禍威獣かいじゅう)』は襲来しませんが、大雨による災害や、それに伴う事故はいつ襲ってくるか分かりませんので、防災グッズの準備や、大雨でも冠水しない避難ルートの確認等、備えをお願いします」と、ドライバーらに注意を呼びかける熊本県警。

なおメッセージの文末には「備えあれば憂いなし 担当の好きな言葉です」という構文をしっかりねじ込んでおり、キャラ設定が全くブレない点も流石である。

ちなみに件の標語が表示されるのは明日30日までとなっており、7月からの表示内容については「同僚が、若い方に人気の『スパイが活躍するアニメ番組』に興味を抱いていますので、お知らせしておきます」と、これまた気になるヒントが発せられていた。

今後の動向が気になる人はぜひ、同県警のツイッターアカウントを随時チェックしてみてほしい。

・合わせて読みたい→高層ビルから目撃した「夜の横浜」の秘密が話題 地球規模のピンチに衝撃走る…

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

運転中、なぜか笑顔になるドライバー続出… 空中に現れた「謎の自己紹介」が話題に