元おニャン子クラブメンバーで、参議院選挙自民党公認で東京選挙区から出馬している生稲晃子氏が、NHKの立候補者アンケートに無回答だった理由について説明。しかしネット上から、日本テレビアンケートにも無回答だったと指摘を受けている。

 問題となっているのは、NHKが発表した参院選候補者アンケート。質問はコロナ関連や岸田政権の評価、消費税引き下げなど多岐にわたっていたが、生稲氏はほぼ全て「回答しない」を選択。

 26問中、「最も取り組みたいテーマ」を含む4問だけは回答しており、憲法改正について「改正する必要がある」、9条改正について「賛成」、憲法改正による緊急事態条項創設に「賛成」と答えていた。

 ​>>「おニャン子という名前を汚さないよう」生稲晃子の参院選出馬の舞台裏<<​​​

 しかし、これにネット上からは「答えたい質問にだけ答えてるの?」「質問選ぶって何様…?」「候補者としてどうなのか」という声が集まる事態になった。

 批判を受けてか、生稲氏は28日夜にツイッターを更新し、NHKアンケートの回答に不備があったことを動画付きツイートで謝罪。動画の中で、生稲氏は無回答が多かった理由について「私とチーム間との情報共有が徹底されておらず、このようなことを招いてしまいました」と説明した。

 また、その後ツイッター内で「無回答」と答えた質問に対し、改めて回答を行っている。

 一方、ネット上からは生稲氏がNHK氏のアンケートだけではなく、日本テレビの『zero選挙』が行った候補者アンケートでもほぼ無回答であることが話題に。このアンケートでも、「特に重視している政策」と「自衛隊の存在を憲法に明記すること」、「日本の防衛力をさらに強化すること」「攻撃される前に相手国のミサイル発射基地などを破壊する」に賛成している以外は、「無回答・その他」になっている。

 29日昼時点でツイッターでは、NHKアンケート以外には触れられていないこともあり、ネット上からは「火消しが中途半端すぎ」「どんだけミスするの」「ここまで自分の意思を感じない候補者は珍しい」といった呆れ声が集まっている。

 日テレアンケートについても「連係ミス」と釈明するのだろうか――。

記事内の引用について
生稲晃子公式ツイッターより https://twitter.com/ikuinaakiko1917
NHK候補者アンケートより https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/survey/
zero選挙』候補者アンケートより https://www.ntv.co.jp/election2022/

生稲晃子氏