株式会社タイトーは、シューティングゲームレイシリーズ」3部作を移植した『レイズ アーケード クロノロジー』を発表した。

 発売時期は2023年、価格は未定。対象プラットフォームはPS4Nintendo Switch

 『レイズ アーケード クロノロジー』は、「レイシリーズ」のアーケード版3部作『レイフォース』、『レイストーム』、『レイクライシス忠実移植し、さらに3D描画の2タイトルを高解像度化したレイストームNEO-HD』、『レイクライシスHD』を収録したオムニバスパッケージ

 収録タイトルは以下のとおり。

レイフォース』:1994年アーケード版が稼働したシリーズ第1作
レイストーム』:1996年稼働のシリーズ第2作
レイストームNEO-HD』: アーケード版『レイストーム』の高解像度
レイクライシス』 :1998年アーケード版が稼働したシリーズ第3作
レイクライシスHD』:アーケード版『レイクライシス』の高解像度

「レイシリーズ」3部作を移植した『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年発売へ_001

 『レイフォース』は、小型機動兵器X-LAY」を操作して人類に反旗を翻したニューネットワークシステム「Con-Human」の破壊を目指す。ゲーム開始から最終ステージまでシームレスに展開するのが特徴の縦スクロールシューティングゲームだ。

「レイシリーズ」3部作を移植した『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年発売へ_002

 シリーズ第2作『レイストーム』は、最大8体ロックオンの「R-GRAY1」が1P側、最大16体ロックオンの「R-GRAY2」が2P側と、性能やプレイ感覚が違う2種の機体で、全8ステージの戦いが描かれる。

「レイシリーズ」3部作を移植した『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年発売へ_003

 シリーズ第3作『レイクライシス』は、制御不能となったニューネットワークシステム「Con-Human」内部に侵入し、暴走を阻止する仮想空間内部での戦いが描かれる。『レイフォース』の前日譚となっており、特定の条件を満たしてクリアすると、『レイフォース』へと物語が繋がるものとなっている。

「レイシリーズ」3部作を移植した『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年発売へ_004
「レイシリーズ」3部作を移植した『レイズ アーケード クロノロジー』が2023年発売へ_005

 『レイストームNEO-HD』と『レイクライシスHD』は、それぞれ同作の高解像度版となっている。

 なお移植は有限会社エムツーが担当しており、ゲーム攻略に役立つ各種「ガジェット」表示の他、ゲーム中のセーブロード機能などを追加する予定だ。

 シューティングゲームレイズ アーケード クロノロジー』は、2023年に発売予定だ。

タイトー『レイズ アーケード クロノロジー』の詳細はこちら