激戦が繰り広げられている参院選長野選挙区(定数1)で、歌手の松山千春(66)による自民党公認候補・松山三四六氏(51)の選挙応援を巡り、公選法違反の疑いがあることが「週刊文春」の取材で分かった。

 地元記者が語る。

「三四六氏は長野では圧倒的な知名度を誇るローカルタレント。柔道選手として将来を嘱望されたが、明大時代にケガで挫折。その後はものまねタレントラジオDJとして活動。東京出身ですが、2001年から拠点を長野に移し、地元局で冠番組を多数持った。芸名は、師匠と仰ぐ千春と柔道小説の主人公・姿三四郎が由来です」

 三四六氏が立候補している長野選挙区は、全国有数の激戦区だ。

TBS記者出身で有名キャスターだった立憲民主党の現職・杉尾秀哉氏(64)とのデッドヒートです。公示前は杉尾氏優勢と見られていましたが、三四六氏が猛烈に追い上げている。三四六氏の妻で女優の網浜直子(53)も街頭演説に登場する総力戦を展開しており、じりじりと差を詰めて、もはや横一線と言われています」(同前)

 問題のシーンは、参院選公示日の6月22日。歌手の松山千春が、自ら「弟のような存在」と語る三四六氏の応援のために、冬季五輪の会場にもなった長野市の「ビッグハット」前に現れた際のことだった。千春は「長野のことを想うなら三四六!」などと熱弁をふるい、おもむろに歌いだした。

「♪果て~しない 大~空と 広~い大地の その中で いつの日か 幸せを 自分の腕で つかむよう」

 時間にして約40秒。自身が作詞・作曲した代表曲「大空と大地の中で」のあまりに有名な一節だ。口ずさむ聴衆の声が重なって合唱のようになり、千春が歌い上げると万雷の拍手と喝采が響いた。

千春が歌を披露すると公選法違反の疑いが…その理由は?

 その後、松本駅前の街頭演説でも千春は同じ歌を熱唱している。その場にいた聴衆の1人から「週刊文春」は動画の提供を受けた(動画は「週刊文春 電子版」で公開)。だが、これは法的に問題のある行為だという。元東京地検特捜部検事の若狭勝弁護士が語る。

「プロの歌は、本来有償で提供されます。それを、候補者を当選させる目的で有権者にサービスとして無償提供していれば、公選法第221条で規定された買収及び利害誘導罪に該当する可能性があります。3年以下の懲役または禁錮または50万円以下の罰金が規定されています。歌手が独断でやったのであれば、歌手が処罰対象ですが、2回続けてということであれば、候補者との共謀性が生じる可能性がある」

 三四六氏陣営に質問状を送ると、選挙事務所から書面で「松山千春さんが応援演説の中で歌唱したことは事実です。候補者本人や選挙事務所スタッフが歌唱して頂きたいと依頼したことは一切ございません。公選法違反に当たる可能性があることは重々承知しております。今後、有権者の皆様やマスコミの方々の不信感を招くような活動・行動については厳に慎み残り2週間の選挙活動を行っていこうと考えております」との回答があった。

 ただ、三四六氏は自身のフェイスブックに「松山千春さんも応援に駆けつけてくださり、本日にぴったりの『大空と大地の中で』をワンフレーズ歌ってくださいました」と記していた。

 6月29日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および6月30日(木)発売の「週刊文春」では、「参院選『8つの爆弾』」と題して、自民・生稲晃子氏の「意外な力」や、維新・中条きよし氏の過去の暴力団との関係、側近が「想定外」の苦戦で小池百合子が陥る引退危機、れいわ山本太郎氏の「誤算」や、NHK党ガーシーが当選すると起きることなどを報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年7月7日号)

松山千春 ©共同通信社