俳優・松平健が、ニンテンドースイッチ向けソフトモンスターハンターライズ:サンブレイク」の発売を記念して公開された、コラボMV「マツケンサンブレイク」に出演。それに伴いインタビューに答え、“モンハンの魅力”などについて語った。

今回のコラボは、松平自身が「モンスターハンターライズ」のプレイ動画YouTubeに投稿したことがきっかけで実現したもの。楽曲「マツケンサンブレイク」のお気に入りの歌詞やMVの見どころについて聞かれると、「サビですね。このサンブレイクは、狩りの話なので『狩れ〜!狩れ〜!』っていう、勢いというかその辺がやっぱり良いなと思います。あと、大剣が上手くできててすごいね。仕掛けがあったのでそんなに重くはなかったです」と語る。

また、松平が思う「モンスターハンター」の魅力を教えてください、との質問には「いろんな人の力を借りて、段々強くなっていくというところですかね。色んな武器を持ったり、知れば知るほど色んな技術も身についてきて、楽しくなるっていうか、夢中になれると思います」よ回答。

自身のYouTubeでは、ゲームプレイや料理など新たなことに挑戦しているが、「2022年上半期を振り返ってみていかがですか?」との質問には「YouTubeでいろいろやりはしましたが、音楽であったり、『モンスターハンターライズやってみたというのはすごく伸びていましたね。チンプンカンプンでやっている姿が面白かったのかな(笑)」と振り返る。

そして最後に、今回のコラボMVを見る人たちに向けて、「『マツケンサンバII』が『マツケンサンブレイク』に変身して、楽しい動画になりましたので、ぜひ見ていただけたら嬉しいです」とメッセージを贈った。