『金曜ロードショー』(日本テレビ系/毎週金曜21時)では、今夜から2週連続で細田守監督作品を放送。7月1日は、細田監督の名を一躍世に知らしめた『時をかける少女』。来週7月8日は、昨年、興行収入66億円の大ヒットを記録した『竜とそばかすの姫』を地上波初放送する。

【写真】夏になると観たくなる青春物語『時をかける少女』場面写真

 『時をかける少女』は、2006年、わずか6館の劇場公開でスタートしたが、大きな話題を呼んでロングランとなり、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。さらにアヌシー国際アニメーション映画祭で長編部門特別賞を受賞するなど、国内外の賞を席巻し、細田監督の名を世界に知らしめた。

 ある日突然、自在に時を超えるタイムリープの能力を身につけた女子高校生の真琴は、日常のささいな不満や欲求のために能力を使うようになるが…やがて、「人生のかけがえのない時間」の意味を見つけ出していく。まぶしすぎる一瞬の輝き、みずみずしいひと夏を描いた青春物語だ。

 主人公紺野真琴役を演じたのは、当時16歳だった女優の仲里依紗。仲は放送にあたり、「大好きな『時をかける少女』が久しぶりに金曜ロードショーで放送されること、とても嬉しく思います。自分の声が好きになった思い出の作品です。初めての方も何度もご覧いただいている方も、是非この機会を見逃さずに楽しんでください!」とのコメントを寄せた。

 また第2夜となる来週7月8日は、昨年の国内興行収入第3位となる66億円の大ヒットを記録した『竜とそばかすの姫』。細田監督史上最大のヒット作となった本作は、カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「カンヌ・プルミエール」に選出されたほか、世界各国で大好評を博している。主人公のすず/ベルを演じた中村佳穂が歌う主題歌「U」(millennium parade × Belle)も大ヒットとなった。

 『サマーウォーズ』で描いたインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高校生ヒロインに据えた、細田作品の集大成ともいえる本作。母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、“もうひとつの現実”と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語だ。現実世界と仮想世界の二つの世界が、最高峰のアニメーションと音楽の融合によって圧倒的スケールで描き出される。

 『金曜ロードショー』のオープニングでは、スクリーンの前で各国の女性たちがたたずむシーンがあるが、実は、このオープニング細田守監督が制作したもの。今回の2週連続細田作品放送に当たり、昨年に引き続きスぺシャル企画として、『時をかける少女』の真琴と、『竜とそばかすの姫』のベルが登場する、この2週だけの“特別バージョン”を届ける。

 アニメ映画時をかける少女』は7月1日21時、『竜とそばかすの姫』は7月8日21時、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて放送(共に本編ノーカット)。

映画『時をかける少女』ビジュアル (C)「時をかける少女」製作委員会2006