―[結婚につながる恋のはじめ方]―


 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

◆6~7月には結婚相談所の問い合わせが急増

 梅雨が明け、夏になると多くの方が「どこかに出かけたーい」と開放的な気分になりますよね。海にプールバーベキューに……アクティブになると、やはり「恋人がほしいな」とふと感じる瞬間があるのではないでしょうか。

 実は6年間、結婚相談所を経営してきて、弊社の入会数をみてみると6月と7月は問い合わせや入会がともにとても高く、特に恋愛コンサルの問い合わせは7月が1年間のピークになる傾向があります。

 彼氏や彼女がいない人は「あぁ、今年も相手がいなかった」と嘆いているのではないでしょうか。

◆人は無意識のうちに考え、決断をしている

 今回はなかなか恋愛が進展しない方に向けて、気がついたらあなたを好きになってしまう方法についてお伝えします。

 婚活をしていると、「この人とお付き合いしようかな?」「このお見合いどうしようかな?」と悩み、決断していく場面が繰り返しあると思います。そんなとき、人は無意識に決断する8秒前に物事を決めているといわれているそうです。

 皆さんも子供の頃、親に怒られることを予想していませんでしたか? 前もって無意識の中で決断したり、予想したりする……それは潜在意識の中にある情報がそう決めているとのこと。

 先日、成婚したショウさん(仮名・40歳)は一度も恋愛をしたことがない男性でした。恋愛経験のない方の特徴の一つにあまりに直球勝負しすぎる傾向があります。

◆あえて予想を裏切ることで心を揺さぶる

 なんとか好きな人から好かれたいと、ご自身でもナンパ塾へ行ったり、恋愛を学ぶ機会を作ったりしてきたりしたのですが、なかなかうまくいかず、私のところにご相談に来ました。

 好きな人に直球でアプローチすることはとてもいいことですが、結婚まで進展せず、3か月程度で別れることが多かったショウさん。そんな彼に私はいい意味で相手の予想を裏切り、関係性を深める方法をお伝えしました。

 人は8秒前には決断をしている。なぜそうしているかというと、過去の経験などで培った潜在意識の中で、先にさまざまな事を判断することで危険を回避し、命を守るためだそう。その予想を揺るがすような裏切りをすることで、「あれ? なんで?」とショウさんのことを考えることが増え、「好きなのかな?」と気持ちを動かすわけです。

◆女性に自分のことを考えてもらう時間を増やす

 まず、ショウさんには今まで通り、アプローチをしてもらいました。ただ、決定的な告白はせず、ショウさんが好意を持っているということだけは隠してもらいました。

 そうすることで、積極的にアプローチしてくるけど、全然告白してこないショウさんに女性は気になっていくわけです。

「ここまで来たら告白してくるよね?」という一般的な流れをあえて裏切っていくことで、彼女がショウさんのことを考える時間が増えていきます。

◆次第に関係性に変化が生まれる

 そうしてショウさんアプリで出会った女性に対し、直球でアプローチし、毎週デートするものの、一度も告白はせず、3か月コミュニケーションをとっていきました。

 すると、毎日のLINEの効果もあり、次第に相手から朝起きたら連絡がきたり、デートの誘いが来たりするまでになりました。

 ショウさんも「彼女がほかの人に取られるんじゃないか?」という不安はあったものの、決定的な告白はせずにして、その結果、彼女のほうから「私のことどう思ってる?」と聞かれることになったのです。

◆直球でアプローチもいいけれど…

 直球でアプローチすることはとても素敵なこと。しかし、答えがわかる状態を作りすぎてしまうことは恋愛が生まれにくくなります。

 肝心な場面でまっすぐアプローチすることももちろん大事ですが、意外に大切なのは努力の方向性だったりします。

 相手の予想や決断をいい意味で裏切ること。これが恋と婚活を成功させるための鍵なのです。

【山本早織】
1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。「結婚相談所Agumブログ」が更新中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」(Twitterアカウント:@yamamotosaori_

―[結婚につながる恋のはじめ方]―