日々の生活の中では「なぜここに、こんな物が?」と思わず驚いてしまう出会いも少なくない。ときにはその持ち主すら意図していなかった形で、人目に触れてしまうケースも。

以前ツイッター上では、会社での片付けの最中に発見された「歴史的記念物」が話題となっていたのだ。

【話題のツイート】歴史の「重み」を感じる…


■古い机から出てきたのは…

注目を集めていたのは、ツイッターユーザー・じぎじぎさんが投稿した「会社の片付けで土曜出社」という書き出しから始まる一件のツイート

続く文章には「古い机を片付けてたら古いレシート出てきた。82年…?」「感熱紙じゃないから印字も奇麗。全体的に安いなぁ…」と何やら気になるフレーズが並んでおり、投稿に添えられた写真にはかなり年季の入った「ミスタードーナツ」のレシートが写っている。

ミスタードーナツ

注目すべきはその発行年。なんとこちらのレシートは、今から40年も昔の1982年4月27日に発行されたものであることが印字されていたのだ。


関連記事:サイゼリヤのレシート、ひと目で超コスパが分かってしまう 「合計金額」に驚きの声

■「消費税がない」と驚き

こちらのツイートは多くの人々に衝撃を与えており、投稿から数日で1万件以上ものRTを記録。

他のユーザーからは「最後の『マイド アリガトウ ゴザイマス…』がジワジワ来る」「この時代から日本にミスドあったのか…」「凄い、私が赤ん坊の頃だわ…」「これはエモい」など、反響の声が多数上がっていた。

1982年当時はまだ消費税が導入されていなかったのもポイントで、「この頃は消費税ないのか」「40年の間で、やはり物価は上がっているんだな」といった声も散見された。

ちなみに40年前のメニューと同じものを、2022年に購入してみると…。

■40年あれば世の中は大きく変わる

なお発見時の経緯について、ツイート投稿主・じぎじぎさんに尋ねてみたところ「倉庫の片隅で、上にいっぱい物が置かれた古い事務机を片づけている際に見つけました」「かなり古いレシートで珍しいと思ったので投稿したのですが、ここまで広がるとは思いませんでした」と当時の様子を振り返ってくれた。

年季の入ったレシートを見て、じぎじぎさんは思わず「古いなぁ、紙も若干脆いなぁ。どんな人が買って、何故しまっておいたのかなぁ…」などなど、想像を巡らせたという。

記者も古本屋で購入した書籍のページ間に、同書が新品で購入された際のレシートが挟まっているのを発見した際は「この本は○○の書店で買われたのか」「一体どんな人が買ったのだろう…」など考えてしまうのだが、古いレシートというのは見た人の心を過去へと誘う、一種の「乗車券」のような存在なのかもしれない。

なお、こちらのレシートデザインがいつ頃まで使用されていたものなのか「ミスタードーナツ」に問い合わせたところ、残念ながら回答は得られなかった。

しかしどうやら、レシート内の発行された「札幌白石店」は既に閉店しているようだ。


■倍近く値上げしていたことが判明

ミスタードーナツ

件のレシートの内訳を確認すると「アメリカコーヒー」(150円)が2点、「ハニーディップ」(70円)が7点、「フレンチクルーラー」(80円)が7点の計16点で、トータル1,350円となっていた。

ちなみに現在、これらの商品のイートイン価格(全て税込)は「ミスド ブレンコーヒー」(アメリカコーヒーは販売終了)が275円、ハニーディップおよびフレンチクルーラーが各132円なので、トータル金額は最大で2,398円となる。

今手元にあるレシートも、数年数十年後に見返してみたら、思わぬ発見があるかもしれない。

・合わせて読みたい→アレク、高額な“内緒の買い物”が川崎希に即バレる 「レシート発見」

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

会社の倉庫を整理中、謎の紙切れを発見… 驚きの内容が「エモすぎる」と話題に