メイン画像

政府は「電力需給ひっ迫注意報」の第8報を発令。関東甲信地方は今日30日もすでに猛烈な暑さになっています。引き続き熱中症の危険性が高まっているため、冷房などを適切に使用しながら、使わない部屋の電気を切るなどの節電をお願いします。

今日30日(木)も関東甲信地方はすでに猛烈な暑さ この後も気温上昇

画像A

今日30日も関東甲信地方は晴れて、6月としては記録的な暑さが続いています。
朝から気温が高く、正午までの最高気温は、埼玉県鳩山町で39.0℃、群馬県桐生市で38.5℃、埼玉県熊谷市で38.4℃など、すでに体温以上の気温になっている所があります。昨日29日よりも速いペースで、気温が上がっている状況です。
東京都心も10時42分頃に気温が35.0℃に達し、6日連続の「猛暑日」となりました。

このあとも昼過ぎをピークに、うだるような暑さが続きそうです。最高気温は、熊谷市で40℃、甲府で39℃が予想されていて、東京都心でも37℃が予想されています。熱中症に対して十分な対策を行ってください。

東京電力エリア 「電力需給ひっ迫注意報」継続

東京電力エリアでは、今日30日も予備率が5%を下回る見込みのため、政府は「電力需給ひっ迫注意報」第8報を発表しました。

暑い時間帯には適切に冷房等を活用し、水分補給を行うなどして、熱中症にならないよう十分に注意しつつ、使用していない照明を消すなどの無理のない範囲での節電をお願いします。また、太陽光発電の出力が低下し、需要が高水準である15時18時の時間帯は、特に電力需給が厳しくなります。冷房等を活用し、熱中症には十分に注意しつつ、できる限りの節電をお願いします。

東京電力エリア:東京電力パワーグリッドによる電力供給区域

「電力需給ひっ迫警報・注意報」とは

画像C

電力需給ひっ迫注意報・警報」とは、電力需給状況が極めて厳しくなると予想される際に発表される情報です。前日の午後4時段階で翌日のエリアの需給状況がひっ迫し、予備率が5%を下回る場合に「電力需給ひっ迫注意報」が、予備率が3%を下回る場合に「電力需給ひっ迫警報」が発令されます。
前日の段階で「電力需給ひっ迫注意報」が発表されていたとしても、現状の見通しよりもさらに気温が上昇したり、突然の電源トラブルがある場合、予備率が最低限必要な3%を下回り、「電力需給ひっ迫警報」が発令されることもあります。

※「予備率」とは、エリアの需給状況を示す指標です。予想される供給力から最大需要(最大電力使用量)を差し引いて、その値を最大需要で割った値です。電力の安定供給のためには、最低でも予備率が3%以上確保する必要があるとされています。

節電のお願い

政府は、東京電力エリアに「電力需給ひっ迫注意報」を発令し、無理のない範囲での節電を呼びかけています。暑い時間帯には、熱中症にならないように適切に冷房等を活用し、タイマーを上手に使うなど、必要な場所で必要な時だけ使用するようにしましょう。人がいない廊下の電気をこまめに消したり、テレビは見ていない時はこまめに消すようにしましょう。

エアコン冷房 上手な節電方法

画像E

エアコンの冷房を使いながら、上手に節電するには、次の4つの方法がおススメです。

①冷房は28℃を目安に温度設定しましょう。また、冷たい空気は下降するため、エアコンの羽の向きは、上向き・水平になるよう、設定してください。
エアコンの冷房だけでなく、扇風機サーキュレーターを併用しましょう。循環させた冷たい風が体にあたると、冷房の設定温度がそれほど低くなくても、涼しく感じられます。
エアコンの室外機の回りには、物を置かないよう心がけ、排気をスムーズにしましょう。
④冷房を使う時に、外から室内に伝わる熱の7割以上は、窓から伝わる熱です。レースのカーテンやすだれなどを使って日差しを遮り、冷房効果を高めましょう。(外出時は、昼間でもカーテンを閉めておくと、効果的です。)

ただ、夏の節電は積極的に取り組みたいものですが、無理は禁物です。熱中症にかからないためには、適度に冷房を使いながら、気温や体調に合わせて適正に温度設定をし、涼しくするように心がけてください。

東京電力エリア 電力需給ひっ迫注意報 今日30日も予備率低下 引き続き節電協力を