カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 日本では、記録的な猛暑に見舞われ、6月だというのに体温越えの危険な暑さが続いている。一方ヨーロッパでも、過去40年で最も早い時期の熱波が発生し、ギリシャでは40度を記録した。

 そんな中、ギリシャを訪れていたイギリス人旅行者のバッグが発火し、燃えるという事態が発生したようだ。

【画像】 熱波でバッグが発火

 TikTokユーザーイギリス人女性、Eva Bacchooさんは観光でギリシャを訪れていた。

 日光浴をしていたそうだが、熱いので水分を補給しようと、生成りのキャンパスバッグから水のペットボトルを取り出そうとしたところ、バッグが焼けていることに気が付いたという。

 本人は、バッグについていた金属製のボタンが原因のようだというが、コメント欄によると、ペットボトルレンズ効果で光を集めて、虫眼鏡のようにバックを発火させた可能性が高いそうだ。

1

 金属製のボタンは触れないほど熱くなっていてたという。バッグからは焦げ臭いにおいが漂っていたそうだ。

2

 ということで、太陽の熱を集めてしまいそうな金属製のもの、レンズ効果が発動されるペットボトルなどは、なるべく太陽に当たる場所に置かない方がよさそうだ。

TikTokで動画を見る

 私は車を屋根のない野外駐車場に保管しているのだが、車の中に入るとハンドルが持てないレベルの高温状態だ。

 おばかな私は、うっかり車内にスマホ充電器を置きっぱなしにしてしまい、発火寸前のやばい熱さになっていたので、みんなも車内に発火するとやばいものを置かないよう気を付けてね。

 梅雨は異常に早く終わったけど、この後驚異の降水量を誇る台風がガンガンやってきそうで、そっちも怖いよね。

written by parumo

追記(2022/07/01)本文を一部修正して再送します。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

日本も暑いがギリシャも暑い。女性のバッグが燃えるほどに