メイン画像

30日木曜15時までの最高気温は、埼玉県鳩山町で39.9℃、埼玉県寄居町で39.8℃、群馬県伊勢崎市で39.7℃まで上がりました。東京都心や千葉市横浜市名古屋市岐阜市京都市などは6月1位の記録的暑さになりました。最高気温35℃以上の「猛暑日」地点は、今年最多でした。

15時までの最高気温 東京や名古屋など6月1位を更新

6月最終日も、関東甲信や東海を中心に、最高気温が40℃近くまで上がりました。

30日木曜15時までの最高気温は、埼玉県鳩山町で39.9℃、埼玉県寄居町で39.8℃、群馬県伊勢崎市で39.7℃まで上がりました。東京都心と千葉市は36.4℃、横浜市は36.1℃、甲府市は38.3℃、名古屋市は37.9℃、岐阜市は38.1℃、京都市は37.2℃と、いずれも6月1位の記録的な暑さでした。また、大阪市広島市福岡市なども、今年1番の暑さになりました。

最高気温35℃以上の「猛暑日」地点は、15時までに170地点と、今年最も多くなりました。

7月1日金曜以降 熱中症情報は?

画像B

この危険な暑さは、まだ続くでしょう。

熱中症情報」を見ますと、1日金曜は、仙台~那覇で、一番上のレベルの「危険」となっています。東京・名古屋・福岡では、4日月曜まで「危険」な日が続きそうです。できる限りの熱中症対策を、心がけてください。

5日火曜以降は、暑さは少しだけトーンダウンしそうですが、それでも熱中症情報は「厳重警戒」の所が多く、那覇は「危険」な日もあるでしょう。

来週は、気温は今週ほど上がらなくても、湿度が高いので、不快な蒸し暑さになりそうです。湿度が高いのも、熱中症を引き起こす条件の一つです。無理をしないで、熱中症対策を心がけてください。離れた所に住むご家族には、こまめに水分補給を心がけるよう、電話をするのも、おすすめです。

30日木曜の最高気温「39℃台」「6月1位」が続出 猛暑日地点は今年最多