平均寿命は52歳と言われているアルコール依存症。最上うみみさん作のコミックエッセイ『お酒で壊れた人が集まる場所で』には、アルコール依存症予備軍となった当時21歳の最上さん自身が、アルコールを断つため自助グループに通い、同じ苦しみを抱えた仲間たちと共に過ごした壮絶な日々が描かれています。



 実は幼い頃、アルコール依存症の母から虐待を受けて育った最上さん。自分は絶対に母のようにはならないと心に誓っていましたが、母が亡くなった途端、激しい虚無感に襲われ気がつけば自分自身もお酒をやめられない日々を送るようになっていました。


アルコール依存症の問題は、お酒自体というより依存する心に原因がある」と話す最上さんに、アルコール依存症から立ち直れた要因や、現在のお酒との付き合い方についてお話を聞きました。


トラウマを抱えている人が圧倒的に多い



――お母さんも最上さん自身も蝕んだアルコール依存症とは、いったいどのような病気だと思いますか?


最上「段階がある病気ではないかと。アルコール依存症は最終的には脳の病気といわれているんですよ。お酒を飲まなきゃやってられないという精神状態自体に病的なものを感じます。私は依存はしたけど、予備軍でとまっていて、謂わば精神依存の状態。これが脳までいくと、薬物治療も必要になっていきます」


――どういう人がアルコール依存症になりやすいのでしょうか?


最上「飲むお仕事とか、環境としてお酒を飲まなきゃいけないという物質的な理由で依存症になるパターンもあります。ただ、8~9割は心の隙間がある人でしょうね。トラウマを抱えている人が圧倒的に多い。それでいて、感情を吐き出せる場所がない人が陥りやすいのだと思います


◆自助グループに入って、アルコール依存症の怖さを知った



――自助グループで自分以上に悪化している人を見たことがあると思います。その人たちに対して、どういう感情を抱きましたか?


最上「率直に恐怖を感じましたね。母のことを見ていましたから。飲んでいる時に人格が確実におかしくなる、自分がその一歩手前だということが何より怖かった。その恐怖心すらも自助グループに入ったからこそ、気付くことができたわけですけど」


アルコール依存症から立ち直るには
――最上さんがアルコール依存症から立ち直れた要因は何だと思いますか?


最上自分が孤独じゃないと知ったこと。孤独が一番、依存症に良くないんですよ。これはアルコールだけでなく、すべての依存症に於(お)いて同じです。わかってくれる人がいないから、何かに頼ろうと思って依存症になってしまう。だから、共感できる人を探すのが大事です。私は自助グループで居場所ができた。自分は本当は孤独じゃないとわかった。初めて満たされた感覚を感じられました」


◆健全なものに依存するのはいい
――そう聞くと、依存の対象がお酒から自助グループに変わっただけのような気もするのですが……。


最上「それは私もあったし、みんなもあったと思います。でも、健全なものであれば依存自体に問題はあまりないんですよ。だって、自助グループに依存して起こることは良いことだけですもん。仲間ができて、体調が良くなって、そうなると精神的にもポジティブになっていきく。悪い意味での依存ではなくなるんです」


アルコール依存症から回復して恋愛観も変わった



――最上さんは本の中で恋愛でも依存傾向があったことを描いていましたけど、回復後は恋愛観も変わりました?


最上「変わりました。私はずっと恋人に対して断るとか、ここからは駄目とかの線引きが曖昧だったんです。でも、お酒と一緒で駄目なものは駄目。『お金を貸して』とか言われても、きっぱり断るべきなんだって気付くことができました」


――自助グループに入ったことが、最上さんの生き方そのものに大きな影響を与えたのですね。現在、自助グループの方たちと連絡は取ってるのですか?


最上「いえ、今は全く。同じ街に住んでいるので、見かけたりすることはありますけど、今は特に関わりは持っていないです。気付けば私が通ってた時から、もう14年くらい経っていますからね」


◆周囲に隠すより、言ったほうがい
――そうだったんですね。ちなみに、アルコール依存症のことは自助グループ以外のお友達にも打ち明けていたのでしょうか?


最上「通ってた時には、自分に厳しくするために周囲に頻繁に言ってました。周りの反応は『わかんないけど、とにかく飲ませない方がいいのかな』って感じ。別に恥ずかしいことではないので、これは言うべきだと思いますよ。寧ろ隠す方が断り切れずに飲むことになり兼ねませんからね


――それは言えますね。周囲も気を付けてくれるようになるというか。


最上「でも、同じ依存症傾向にある人はそれを知っても敢えて進めてくることが多いかも。自分を肯定するために飲ませようとするんです」


◆今は月イチくらいで飲んでいる。恐怖はない
――そういう人こそ要注意ですね。そういえば、現在も断酒は続いているのですか?


最上「いや、付き合いで普通に飲んでるんですよ(笑)。4~5年前に飲んでみた大丈夫だったので、月イチくらいのペースで口にしています」


――飲んでるんですか……。依存症予備軍に戻ってしまったら、という恐怖は感じませんか?


最上「全くないです。もう、大丈夫だと思っています。というのも、アルコール依存症の問題は、お酒自体というより依存する心に原因があるものだと知ったか。自分のメンタルを保つようにしていれば、飲んでもおかしくなることは今後もないと思います。それでも、気を付けてはいきますけどね」


◆「この人はお酒を飲むとちょっとね」と見捨てないで
――アルコール依存症について、もっと知って欲しいと思うことはありますか?


最上「これが病気であることを知って欲しいですね。『この人はお酒を飲むとちょっとね……』で終わらせるのではなく。何かがあってお酒に手を出しているのかもしれない、依存症という病気かもしれない。そんな風に疑問を持ってください。そうすれば、酷くなる前に助けることができますから。依存症をすぐに治療しようと思う社会になれば、お酒で人生を潰してしまう人は減っていくと思います」


◆たかがお酒、でも一歩間違えると人生が狂う



――最後に、アルコール依存症で悩んでいる人や、その周囲の人へメッセージをお願いします。


最上アルコール依存症は身近な病気です。お酒はどこにでも溢れているし、何かのきっかけで誰でもなり得るものだと知って欲しいです。たかがお酒、でも一歩間違えると人生が狂う。それは回避できるものなので、みんなアルコール依存症への正しい知識を持ってください!」


――ありがとうございました


<取材・文/もちづき千代子>


もちづき千代子】フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディターメーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイントTwitter@kyan__tama