マヨネーズ

アメリカジョージア州のファストフード店で、従業員の女性1人を銃で殺害し、もう1人の女性に重症を負わせた36歳の男が逮捕された。男は警察に対して「サンドイッチマヨネーズが多すぎた」と話したと、『WSB TV』『Wahington Post』などのメディアが報じた。


■20代の女性が犠牲に

アトランタ警察によると、殺害されたのはファストフード店で働く女性(26)。また、もう1人の女性(24)は5歳の息子の眼の前で撃たれ、現在は重篤な状態にあるという。

目撃者の情報では、24歳女性は銃撃を受けた際、息子が撃たれないようカウンターの下に隠していたそうだ。


関連記事:勝手な行動に怒った友人に逆ギレし… 「マヨネーズ殺人事件」被告が終身刑に

■原因はマヨネーズ?

別の従業員が銃撃者の男と争いになり、しばらくして駆けつけた警察が男を逮捕した。犯行の理由について、男は「サンドイッチマヨネーズが多すぎた」と語っており、ささいな問題のために銃撃を決意したと見られている。

店のオーナーは「サンドイッチマヨネーズが多かったという理由で、撃たれるに値する人は1人もいない」と怒りを表している。

■口論が原因の殺人事件が多発

ダリン・シャーバウム警察署長によると、2022年に発生した殺人事件の主な原因は口論だという。口論は多くの事件の引き金になっているとして「人々はもっと話し合い、銃をあまり使わないようにすべきだと思います」と主張した。

また「我々は麻薬組織を取り締まり、ギャングを解体することはできますが、マヨネーズの量で怒っている人を止めることはできません」とも語っている。


■マヨネーズを規制すべき?

この事件に対して、SNS上では「たかがマヨネーズで人を撃つなんて」「クレイジーな事件だ」と、驚いた人々からの意見が続出している。

さらに話題は銃規制にも飛び火しており、「店員にも銃武装が必要」「銃より先にマヨが規制されそう」などの意見が寄せられた。

・合わせて読みたい→シェイクに放尿したファストフード店員が逮捕 児童ポルノの調査がきっかけで…

(文/Sirabee 編集部・びやじま

「マヨネーズ多すぎ」とキレた客がファストフード店員を殺害 幼い子供をかばい…