少し形が悪かったりふぞろいだったりするが、味は正規品と変わらない訳ありグルメ。価格も手ごろなこともあって、需要も高い。今ツイッター上では、新潟県の農園が販売している「人気訳ありトマト」が商標登録をしたと話題になっている。

【話題のツイート】闇落ちとまとなる商品を販売しているが…


■インパクト抜群の商品名

闇落ちとまと

闇落ちとまと」とコメントを添え、商標登録証の写真を投稿したのは、新潟県にある曽我農園のツイッターアカウント闇落ちというインパクト抜群の文字に驚いた人も多いだろうが、決して怪しいものを販売している訳ではない。

同園は、雪国の冬を乗り越えた「越冬フルーツトマト」などを販売。闇落ちとまとは、春に糖度を上げるために栽培した結果、尻腐れができてしまったものを定義している。一部が黒く変色するので一般には流通しないが、直売所で販売。糖度が8度以上で、フルーツのような甘さが特徴の商品だ。


関連記事:ダイソーで買ったかわいい人形の“怖すぎる変化”が話題に 「子供が泣きそう…」

■誕生の経緯は…

一度耳にしたら忘れない商品名と、フルーツのような味わいからネットで話題になることも多い闇落ちとまと。販売の経緯はコロナ禍だという。

それまで尻腐れができたトマトは、加工品(トマトジューストマトケチャップ)の原料などに使用していたが、コロナ禍で販売数が低迷。どうすれば売れるか考えた結果、SF映画『スター・ウォーズ』に登場するアナキン・スカイウォーカーから連想し、「闇落ち」を商品名に入れて販売したところ、SNSを中心に話題を呼んで人気商品となったのだ。

■商標登録のキッカケ

気になる人も多いであろう、商標登録をした経緯については、「トマトの『尻腐れ果』(闇落ちとまと)を販売するにあたって、ある程度の知識や経験がないと判断するのが難しいという現状があります。似たような症状で病気のものもあったり、季節によっては甘くないものもあります。家庭菜園や他の農家でなどでむやみに闇落ちの名前で間違った果実が販売されるというトラブルを防ぐため商標登録しました」と説明する曽我農園さん。

それ以外にも、「闇落ちとまと」という商標を取ることで、ブランディングができて大きなビジネスチャンスになると考えたそう。ちなみに、本家のフルーツトマトよりもおいしい場合もあるそうだ…。


■今年1月には登録

昨年7月に商標登録の申請をして、今年の1月には登録。今後はトマトカテゴリーだけでなく、トマトジュースなどの加工品なども申請していくという。

闇落ちとまとの値段については時価で、今年は暖房燃料高騰にともない1箱4,000~5,000円で販売。昨年よりも値上げはしているものの、直売所ではすぐに売り切れるそうだ。

【曽我農園】

新潟県新潟市北区木崎1799

・合わせて読みたい→1株から1269個ものミニトマトを収穫 ギネス世界記録を次々と狙う男性

(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太

ネットで話題の「闇落ちとまと」が商標登録? その理由を聞いてみると…