画像はイメージ

在宅ワーク勤務者の中には、仕事を早く終わらせ、ちょっとした時間を有効活用している人もいるようだ。キャリコネニュース読者の40代女性は、仕事をサボってしていることや、サボるコツについて説明していた。(文:永本かおり)

※キャリコネニュースでは「あなたの仕事サボり術は?」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/0WNP8TIO

「もともと仕事が早いので、もう少し給与を上げてほしい」

「在宅なので、ある程度できる仕事を終えてからサボります」

と語る40代後半の女性(神奈川県/企画・マーケティング・経営・管理職/年収550万円)。女性は「10分でヨガやご飯を作る」など何事も手早く仕事の合間にできるようだ。

「サボっているように見せないためには、チャットの返信や携帯の連絡などをスピーディに行うこと」

と上手く実践する上でのポイントについても綴っていた。また、女性が仕事でサボるのには、こんな理由があるそうだ。

「もともと仕事が早いので、もう少し給与を上げてほしいです……。契約社員ですが薄給なのでやっぱりサボります」

切ない本音を明かす。仕事に報酬が見合っていないと感じているのだろう。年収が550万円である理由にも言及しており、

「ちなみに年収はトリプルワークにて稼いでいるためです。バイトフリーランス契約社員なんとか引き上げてます」

とサボりながらも実は忙しく働いていることを打ち明けた。

「薄給なのでやっぱりサボります」 40代女性の在宅サボり術「10分でヨガやご飯を作る」