画像はイメージ

「プチ贅沢」のおかげで、より前向きに仕事に励むことができる。では、年収1000万円を稼ぐ人たちはどんな「プチ贅沢」を行っているのだろう。キャリコネニュースアンケートに寄せられた、2人の読者からの声を紹介する。(文:永本かおり)

キャリコネニュースでは「あなたのプチ贅沢」をテーマアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/BBZXTJ4X

建築関係で全国に滞在する男性「休日には名所やご当地グルメを回る」

福井県に住む50代前半の男性(年収1000万円)の仕事は、建築・土木技術職で、全国の現場に長期間滞在することがよくあるそうだ。「仕事柄、全国にまわる事になり各々の場所には(滞在が)数か月から数年単位」とのことで、

「休日には名所やご当地グルメ(地元でも通の人しかわからないようなものまで)まわるのが、旅行とかとは違った贅沢だなと思いこんでます(笑)

と男性は明かす。それぞれの土地で仕事の合間にちょっとした「プチ贅沢」を楽しんでいるようだ。

もう一人の年収1000万円の読者は60代前半の女性(東京都/事務・管理)で、映画の主人公のような優雅な時間を堪能している。人によっては真似できない、自分だけのプチ贅沢をこう明かしていた。

「天気の良い日に、代官山恵比寿エリアで、テラス席のあるレストランに出掛けて、ちょっと良いワインを昼間から飲むことです。風にふかれながら、おいしい料理とワインで幸せを感じます。仕事の辛さも吹っ飛びますね」

年収1000万円の“プチ贅沢” 「ちょっと良いワインを昼間から飲みます」