星野真氏による漫画「ノケモノたちの夜」のアニメ化が決定した。あわせて、星野氏によるお祝いイラストティザービジュアルが公開されている。

同作は、19世紀末大英帝国を舞台に、悪魔マルバスと孤児の少女ウィステリアが出会い、少女の目を対価に孤独な者同士がともに過ごす姿を描くダークナイトストーリー。「週刊少年サンデー」で2019~21年に連載され、「少年サンデーコミックス」から全8巻が発売中だ。

星野氏からのコメント全文は以下のとおり。

【星野真(原作)】

様々な方々とのご縁、運、そして情熱のお陰でなんとアニメ化という運びになりました。はじめて脚本打ち合わせに同席させて頂いた際、監督さん達が持っていた、付箋紙だらけの単行本が目に焼き付いて離れません。その後、思わず万感こみ上げ路上で号泣して顔をべちゃべちゃにしてしまい、担当さんが新しいマスクを買ってきて下さったことも忘れられません。たくさんのクリエイターさん達の情熱を受けてもう一度描かれる「ノケモノたちの夜」の旅、是非ともご視聴くださいませ!

悪魔マルバスとヒロイン・ウィステリアを描いたティザービジュアル (C)星野 真・小学館/「ノケモノたちの夜」製作委員会